雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

記憶しようとするなら、まず対象に注意を向けよう

投稿日:

意識していないことや、ぼんやりとしか観察していないことは、記憶できない。だから、記憶しようとすれば、まず対象に注意を向けなければならない。これはあたり前のことだ。しかし、実生活では、覚えるべき対象に注意を集中しないために賞られないということが、意外に多いのである。

あなたは、つぎのようなクイズで「引っかけられた」経験はないだろうか。「始発のバスに三人の乗客が乗った。つぎの停留所で二人乗って一人降りた。つぎでは五人乗って三人降りた。つぎでは、」という問題である。多くの人は、最後に残った乗客数聞かれるのだと思って、加減算をしながら数えている。ところが質問は、「バスが停まった停留所の数は?」というものだった。

乗客数に注意が向いていたために、停留所の数は数えていなかった。注意はしているけれども、適切な対象に向けていなかったのである。

例えば初対面の人に紹介されたとき

例えば、初対面の人に紹介されたとき、挨拶することに気を取られて、相手の名を注意して聞いていない。このために名前を覚えられない。大きな駐車場に車をとめたとき、その建物での用件に気を取られているので、駐車スペースの番号を覚えていない。訪問先のビルで応接室からトイレに出たら、戻るべき部屋がわからなくなる。これらはすべて、注意がよそに向いているからである。

記憶しようとするなら、ます、対象に注意を向けよう。対象に興味をもつでは、どうすれば、対象に注意を向けられるか?それは、興味を持つことである。興味こそ、もっとも確実な暗記法である。これは、勉強法の第一原則の延長線上にある。

どちらかというと、暗記は苦手なほうだ。これは、「暗記というのは、あまり高級な知的活動ではない。暗記力だけ優れていても、大したことではない」と考えていたせいだと思う。このため、積極的に覚えようと努力しない場合が多かった。いまにして思えば、この考えは間違っていた。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

教科書から計算問題が少しずつ姿を消していっている

最近では、値段の安い電卓が市場に出回っていますから、つい、少々計算するのが遅かったり、頼りなかったりしても、さほど支障はなかろうと思って、子どもに計算練習をあまり課さないですませていることがよくありま …

no image

本は重要な点は指摘できるが重要でないことは指摘しにくい

「あまり重要でないけれども、書いておかないと本として体裁がとれない」という事柄は、意外に多い。また、重要な点についても、十分に繰り返すことが難しい。例えば、「教科書を丸暗記せよ」といった。このアドバイ …

no image

入学試験の目的は相対評価である

入学試験の目的は、相対評価である。つまり、受験生の間に差をっけることだ。あるに達しているかどうかを判別する絶対評価ではない。このため、つぎのようなことになる。まず、全員ができる問題では、選別ができない …

no image

大学で学ぶ最大の意義や効用

ある分野での知識を最先端にいたるまで学べるということは、大学に進学した者の特権である。幸いにしてその機会を入手できた学生諸君は、その特権を十分に行使しなければならない。それにもかかわらず、その特権を生 …

no image

半年で英語をマスターしたある方法

ト口ヤの遺跡を発見したドイツの考古学者シュリーマンは、語学学習の天才でもあった。彼はいう。「私は異常な熱心をもって英語の学習に専念したが、このときの緊急切迫した境遇から、私はあらゆる言語の習得を容易に …