雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

表計算ソフトによる計算は理系の数学とはかなり異質のもの

投稿日:

表計算ソフトによる計算は、理系の数学とはかなり異質のものである。むしろ、文系のものだといってよいだろう。パソコンアレルギーに陥らずに、是非活用したいものだ。

BASICでプログラムを書く場合には、問題にあわせて自由に処理法を考えることができる。これに対して、表計算ソフトは、二次元の表形式で問題を処理する。このため、処理方法に若干の制約がかかる。その半面で、プログラミングの知識がなくとも使えるので、便利である。

パソコンで数量データを扱うには、言語でプログラムを書く既成の表計算ソフトを用いるという一つの方法がある。数値計算をすることである。通常、数学を用いて解を求めるには、式を変形したり方程式を解いたりして解を求め、そこに実際の値をいれる。しかし、コンピュータの場合には、最初から具体的な数値の計算を行なう。

会計処理や税金の計算や給与計算など

表計算ソフトは、会計処理や税金の計算、あるいは給与計算など、大量のデータを決まった形式で定常的に処理する事務計算に向いている。普通、オフィスではそのような用途に用いられているだろう。このような計算だけでなく、一回限りのごく簡単な計算でも、卓上計算機を使うより便利な場合が多い。

表計算ソフトは、数値データだけではなく、文字データを扱うこともできる。したがって、住所録などの個人データベースを簡単に作ることができる。また、与えられたデータから結果を計算するだけでなく、「ゴールシーク」や「ソルバー」という機能を用いて、一定の条件を満たすような値を逆算することもできる。これによって、表計算ソフトは、単なる結果の整理だけでなく、プランニングの道具としても使えるようになった。

総和や平均値などの計算は、関数で組み込まれているのですぐに処理できる。計算で用いた値や結果を保存しておけるのも便利だ。また、グラフを簡単に描くことができるので、これを用いてデータのおおよその傾向をつかむこともできる。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

合理的な勉強法を知ろう

今一歩一歩進む必要があるか?一般には、つぎのように信じられている。「基礎が重要だから、段階を踏んで理解する」「数学でわからないときは、基礎まで戻る」「英語では語彙を増やすことが重要だから、単語帳を作っ …

no image

パソコンと数学の勉強

「数学は基礎から一歩一歩積み上げなければならない」という思い込みを捨てればよい。必要な数学とは、少しずれている。数学のカリキュラムの決定には、経済学など数学の利用者が参加してもよいのではなかろうか。 …

no image

自己評価のチェックシートを作ってみよう

自分のチェック表を作ってみよう。人生に野心をもつ人は、これもひとつの方法。ぜひ、試してみて。自分の将来が楽しみになっていきます。 評価は一点主義にしないで、八〇点主義にするとよい。一か月やってみて、全 …

no image

マイナス思考の多い人は命の運び方もマイナス方向に傾きがち

心の中があいまいであれば、命の運び方もあいまいとなり、出会う現象もあいまいになっていきます。心の中に具体的なものをもっていれば、命の運び方も具体的となり、出会う現象も具体的な形となって現われる。 マイ …

no image

目的意識を持つことの重要性

集中できない理由を抱えていても心をコントロールして集中していくには、「目的意識」をしっかりもつことが重要です。人を洗脳する方法の一つに、むかし軍隊がやった次のようなゃり方があります。捕虜に、「穴を堀れ …