雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

パソコンと数学の勉強

投稿日:

「数学は基礎から一歩一歩積み上げなければならない」という思い込みを捨てればよい。必要な数学とは、少しずれている。数学のカリキュラムの決定には、経済学など数学の利用者が参加してもよいのではなかろうか。

デリバティブ(派生金融商品)などの金融のテクニックは、高度な数学を使っている。だから、経済学部の入試に数学を課さないのは、基本的な誤りである。しかし、不幸にして学生時代に数学を勉強しなかったとしても、後悔することはない。本当の専門家になるのでなければ、いつ挑戦しても遅すぎない。

パソコンの機械やソフトを作るには、数学やエンジニアリングの知識が必要かもしれない。しかし、一般の利用者からみれば、こうした知識は、全く必要がない。車の運転に工学の知識が必要ないのと同じことだ。

パーソナル・コンピュータ(パソコン)がひろく利用されるようになってきた。まず重要なことは、パソコンの利用と数学は、ほとんど関係がないということ。「文系だからパソコンは苦手で」というのは、全くの見当違いであり、言い訳にならぬ言い訳である。

パソコンの操作に熟達した人

パソコンの場合は、免許すら必要ないのである。パソコンの操作に熟達した人に「飛行機」の役をしてもらい、必要な高さまで運んでもらうのがよい。マニュアルを読んで一歩ずつ段階を踏んで進もうとすると、大変な時間がかかる(場合によっては、不可能である)。

いまでは、どんな職場にも「パソコン少年」がいるだろう。彼らに基本的な操作を教えてもらう。パソコン少年に教えてもらう場合、プログラムをどう終了させるかを必ず聞いておくのがよい。また、データを破壊する危険もあるから、操作するのは、コピーしたデータを対象にする。

そして、とにかく、キーボードに触れてみる。パソコンは、操作を誤っても爆発したり故障したりすることはないから、安心して操作しよう。ただし、プログラムから抜け出せなくなることがしばしばある。なお、教えてもらったら、きちんと礼をすること。パソコンまでは必要ないけれども、ソフトぐらいは買ってあげたらどうだろう。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

漢字のわからない子供のその後の影響

ふだんからいろんな本をよく読んでいる子は、自然に漢字になじんでいます。書くこと自体はやっていませんが、印刷してある漢字はひとまず読めるようになっています。教室で新出漢字を習うとき、その漢字はすでにおな …

no image

数量認識の未発達の子どもには数をおりこんだ会話をする

算数のできない子といわれている子は、主として家庭などでの会話や、経験の中で、数量を意識させられるような生活の非常に少なかった子です。 「もう八時三分になりましたよ。早く寝なさい」「お年玉を貯金してきた …

no image

子供は大人の意のままにはなりません

子どもは機械やモーターではありません。おとなの意のままにはなりません。野球なら死に物狂いで練習する子なら、甲子園へ行くなり、プロ野球でなりわいをたてたらよい。囲碁なら食事も忘れて研究にふける子は、その …

no image

瞑想で雑念を取り払う

努力逆転の法則から脱出するには、「間接暗示」と並行して「肯定思考」をするのがベストです。「雑念が出てくるのがあたり前」「ストライクに入らなくてもかまわない」「眠れなければ眠らなくてもよい」と考えること …

no image

勉強を面白くする方法

数学でわからない箇所があると、なかなか進めない。進めないと授業から遅れ、ますます嫌になる。こうした時、やりようによっては、うまく切り抜けられる。そうすれば、数学に興味を抱くようになる。 学ぶ側からいえ …