雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

数学は問題のパターンと解き方を暗記すればいいだけ

投稿日:

学校の数学では、新しい理論の創造を求められている訳ではない。大昔から大数学者が作り上げてきた体系を、理解すればよい。試験は、それを正しく理解したかどうかをテストしているだけである。しかも、範囲は限定されている。そして、制限時間内に解答を出す必要がある。これは、大変重要な条件である。

進学塾に通っている小学生は、驚くほど複雑な算数の問題を解ける。しかし、彼らは格別頭がよいわけではない。問題のパターンと解き方を覚えているに過ぎない。中学入試の算数の問題を独力で解くのは大変である。数学を専門的に使っている人でも、時間内には多分できないだろう。これをみても、数学が暗記科目であることがわかる。

最初に考えた大数学者でさえ、一、二時間のうちに解を出したわけではあるまい。「問題のパターンと解法を覚えていればよい。そして、そうしないと解けない」というのは、その通りかもしれない。いまにして考えれば、受験生時代にこのことを意識していたほうがよかったように思う。

数学が創造力を必要とする高級な学科

数学嫌いの人は、数学が創造力を必要とする高級な学科だと思っているのではないだろうか?学問としての数学は別として、受験科目としての数学は、あまり高級な学科ではないのである。数学者の数学と受験数学は別のものと考えるべきだ。こう考えると、ガリ勉でもできるのは数学だということになろう(頭がよくないとできないのは、むしろ、国語なのである)。

実は、類似のことは、学者の研究についても、ある程度はいえるのである。最初から独創的な論文を書こうと思うより、いま多くの研究者が取り組んでいるテーマについて、先人の方法を改良するほうが、少なくとも出発点としては、効率的である。

受験数学では、自分で考えて解くより解き方を覚えてしまうほうがよい。計算力をつける受験数学で非常に重要なのは、計算力である。解き方がわかっていても、計算を間違えれば、点はとれない。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

勉強を面白くする方法

数学でわからない箇所があると、なかなか進めない。進めないと授業から遅れ、ますます嫌になる。こうした時、やりようによっては、うまく切り抜けられる。そうすれば、数学に興味を抱くようになる。 学ぶ側からいえ …

no image

本を読んでくれることが少なかった子供

読書の習慣のついている子、本好きといわれる子は、どの程度の比率を占めているのでしょうか。また、本ぎらいな子はどのくらいいるのでしょうか。本ぎらいな子は、めったに本を読みません。そんな時間があれば、遊び …

no image

学校の国語の授業を振り返ってみよう

学校の国語の授業を振り返ってみよう。そこで習ったのは、主として、漢字の読み方や難しい言葉の意味ではなかったかう。しかし、これらは、国語の勉強では周辺的なことに過ぎないのである(実生活では、辞書があれば …

no image

数字間の関係を体系的に把握しておけばよい

いくつかの基本的な数字さえ覚えておけば、あとはほぼ見当がつく。税収を例にとって、これを説明しよう。まず、基礎的な数字として、日本のGDP(国内総生産)は、五百兆円程度であることを覚えておく。ところで、 …

no image

集中力の強化法

集中力のなさを証明するかのように、注意力散漫な自分をさらけ出し、それに甘んじてしまう傾向がある人は、暗示語を使って、間接的に効果をもたらすようにすればよい。たとえば、「記憶力がない」と思っている人は、 …