雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

数学は習う順番よりいま習っているところに着地すればよいだけ

投稿日:

数学の勉強は、「いま習っているところ」に着地すればよい。いまのところがわかれば、前にわからなかったところがわかる。高校生であっても、大学教養課程の数学までやってしまえばよい。大学の数学から眺めれば、高校の数学はよくわかる。進んだ段階からみると、それまでのところはよくわかる。

ある先生は、すべからく、いま習っていることを理解するよう精いっばい努力すべし。いまやっていることがわかると前に習ってわからなかったことも、いつの間にか何となくわかるようになってくるものなのである。

基礎からやらずに真ん中からやれ」とし、つぎのように忠告している「数学の苦手なものが、まず十分に基礎を理解してからなどと考えたら、それは早合点である。それに基礎ほど難しいものはない。基礎からやりはじめて数ページでいやになり、投げ出してしまうというのが数学を不得意とする者の共通のパターンである、と言っている。

数学が暗記だというのは真実かもしれない

受験時代に、このことを意識していなかった。数学とは、自分で考えて問題を解くものと信じていた。だから、尊敬すべき専門家から「暗記だ」と聞いたときには、何か裏切られたような気がした。しかし、少なくとも受験数学についていえば、数学が暗記だというのは、真実かもしれない。

受験数学は暗記「受験数学は暗記だ」。これは、大学教養課程の数学の授業で、ある教授が述べた言葉である。「創造力はおろか、分析力すら必要とされない。問題のパータンを覚えて、それに当てはめればよい」というのだ。ただし、これは、受験数学についてのコメントである。

計算力があれば、スマートな解き方をしなくとも、力ずくで解くこともできる。計算力を養うには、練習以外にない。いつもやっていることが必要だ。毎日の日課にする必要がある。計算には、カンが必要だ。いくつもの項があるとき、どの変数に着目してどの項をまとめると式が簡単になるか、などについてのカンである。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

苦手を克服する方法

よいイメージをもっと、「好きこそ物のじょうずなれ」というように、どんどん伸びますが、苦手イメージをもつとなかなか伸びません。苦手を克服するには、苦手イメージを変えなければいけないのです。どうしたら変え …

no image

勉強に対するやる気を出す方法

どうしても勉強に対するやる気が起きないときもあるだろう。勉強のやる気を起こしたかったら、まずはその勉強を「好き」になるのがいちばんである。「やる気」と「好き嫌い」がいかに密接に関係しているかは、科学的 …

no image

夢や目標に期限を設けると集中力を高めるのに非常に効果的

仕事に「期限」はつきものです。「今月一日までに納品」と決められた日に間に合わなければ、信用をなくすばかりか、損金をとられることもあるでしよう。だから、どんなに無理でも、しゃかりきになって働く。もちろん …

no image

自分からどんどん勉強する子になった例

ある人の話。小学校一年のはじめから、帰宅すると、すぐ台所に置いている机の前に座らせて、その日習った勉強をおさらいさせた。母親はその間、台所で夕食の準備をする。おさらいや宿題ができると、さっさと外へ遊び …

no image

覚えていても思い出せない人は非常に多くのことを記憶している

覚えていても思い出せない人間は、非常に多くのことを記憶しているのだそう。それどころか、脳の記憶容量は、使えば使うほど大きくなるという。問題は、検索にある。記憶すること自体は簡単であっても、引き出せない …