雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

数学は基礎が大事とは限らない

投稿日:

数学の学習書を読むと、ほとんどの本に「基礎が重要。まず、基礎を固めよ」と述べてある。「ステップ・バイ・ステップに段階を踏み、各段階を完全に理解してからつぎに進む」というのが、そこで述べられている勉強法である。しかし、体系を理解する場合には、まず全体像をつかむほうが効率的だ。

できる学生の場合もっとできる生徒の場合はどうするか。この場合、なるべく早く、全体の範囲をざっと勉強してしまう。例えば高校一年生なら、高校の全課程をできるだけ早く勉強する。理解できないことが多少残っても、構わないでどんどん進む。学校の勉強の場合には、百科事典を使う必要はない。教科書という格好の手引きがあるからだ。この方法は、一般常識には反するだろう。

これは、勉強法の原則であり、数学の場合には、「基礎をしっかり」という方法には、大きな問題がある。できる生徒なら、高校生でも大学教養課程のレベルまで進んでしまう。そして、とくに興味をいだく対象について理解する。

できるだけ早く全課程を勉強しよう

学校で吹聴しても、評価されないような環境では使えない。逆に、友人とのミエで数学が重視されているような環境だと、自然に背伸びして勉強するようになる。できるだけ早く全課程を勉強しよう。

例えば、変分法でもよいだろう。そして、学校で吹聴する。友達はわからないから、優越感を味わえる。進んだことを知っているのだから、いま学校でやっていることをわからないとはいえない。嫌でも勉強する。そのうち、友達が質問をもって聞きにくるだろう。ますます勉強せざるを得なくなる。この方法は、一見するほど乱暴なものではない。ただし、周りの環境が重要である。

「基礎をしっかり」という方法の最大の問題は、つまらないことだ。興味がわかない。これは、登山の場合に低山の俳桐が退屈なのと同じである。疲れるだけで、高山植物もみられないし、すがすがしい空気も楽しめない。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

子供が勉強を自分からやるようになった例

子どもが、毎日の家庭学習を言わずともやるようにしつけていった例を紹介しましょう。共働きの家庭の子です。かなり落ちこぼれていることは、通知簿からも察せられました。その子は、小学校五年の男の子で、勉強する …

no image

読む技術は対象がルールに従っていることを前提としている

「読む技術」は、対象がルールに従っていることを前提としている。「最初に問題提起が、最後に結論が書いてあるはずだ」「一つの細胞内に相反する内容は含まれていないはずだ」「本論の構造は、正しく配列されている …

no image

アウトプットの練習を日頃からやっておこう

出力に弱くなる最大の原因は、アウトプットの「練習」を日頃からやっていないことです。練習さえ欠かさなければ、記憶のパイプが太くなり、本番でも日頃の勉強が十二分に発揮されます。多くの人は入力することにばか …

no image

英語の単語や熟語をこじつけで覚えようという方法は無理がある

辞書のつぎに出ている言葉と取り違えたという、ウソのような話がある。単語帳どころではない。英語の単語や熟語をこじつけで覚えようという方法を提唱している本もある。kennelを「ケン(犬)がネル(寝る)と …

no image

文章が読み取れない、イメージを思い浮かべられない子

小学校は、三年の中期ごろから、図形の操作や、大きな数の処理を習います。子どものふだんの生活からは、やや縁遠い数量を扱うようになります。仮定の事象についても、書かれている内容や概念に即して、思考を展開で …