雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

パソコンの柔軟な編集機能は修正の繰り返しによる文章作成を可能にした

投稿日:

パソコンの柔軟な編集機能は、これまでは不可能であった修正の繰り返しによる文章作成を可能にした。これは、まさに「革命的」だ。この方法には、大きなメリットがある。それは、イナーシャ(慣性)が少なくなることだ。「とにかく書き始める」ということができる。

細かい書き込みの修正で、重なると原稿は読みにくくなる。だから、ある程度まで修正すると、清書という作業が必要になる。自分で清書すると、無駄な時間が取られる。アシスタントを使うとしても、清書の間は作業ができない。

これまでのスタイルでは、文章の内谷や構成をかなり固めてからでないと、書き始めることができなかった。だから、どうしても「構えて」しまう。原稿用紙を前にして最初の一行を書くのが、大変な作業だったのである。書き出しの部分は、本当は最後に書くほうがよい。パソコンなら、そのような書き方ができる。

パソコンの登場によって根本的に変わった

文章を書いたり構想をねったりする作業は、パソコンの登場によって根本的に変わった。しかし、この技術を用いられない場所が、ただ一つだけある。それは、試験場である。パソコンを持ち込んで答案を書き、通信回線でそれを送るというような状況には、当分の間ならないだろう。したがって、頭の中で考えをまとめて、紙と鉛筆を用いて書くという作業は、少なくとも受験生にとっては、今後しばらくの間、必要である。

これまでは、適切な表現を考えながら書く必要があった。このため、「うまい表現が思い浮かばないために先に進めない」ということが、よくあった。しかし、パソコンの場合には、多少不完全な表現でも、自分だけにしか意味がわからない文でも、とにかく全体のストーリーを書いてしまう。細かい表現は、あとから直してゆけばよいのである。パソコンの登場によって、文章の書き方は革命的に変わった。メモを積み重ね、修正を繰り返しつつ文章を書くことができるのである。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

テレビが学習に障害を与える危険性

アメリカの教育心理学者ジョン・ハーリーは、テレビが脳の機能と学習能力に悪影響を与える危険性を指摘している。注意を向ける能力、問題に積極的に取り組む能力、理解しながら読む能力などが、テレビによって脅かさ …

no image

本は重要な点は指摘できるが重要でないことは指摘しにくい

「あまり重要でないけれども、書いておかないと本として体裁がとれない」という事柄は、意外に多い。また、重要な点についても、十分に繰り返すことが難しい。例えば、「教科書を丸暗記せよ」といった。このアドバイ …

no image

小学生に計算練習をさせよう

計算ぐらい少し遅くても、どうっていうことはないものといった気持ちをおとなが持つと、子どもにすぐ反映します。計算練習にも粘りと真剣味が足らなくなりますし、他の勉強全体にも、そんな態度で接するようになりま …

no image

自己統御の働きは内言を自在に扱える素地をつくりあげていく

言語の機能の一つ、自己統御の働き。内言を自在に扱える素地をつくりあげていきます。表面だけを見ていると、写し書きなどやらせていても、ちっとも思考力はつかないし、学力も伸びないと思いがちです。しかし、写し …

no image

言語能力を鍛えるのに教師の力が主導的な役割を果たす

家のひとが方言中心の言語生活をしているという地域なり、そういった階層の子の言語能力を引き上げるには、何といっても教師の力が主導的な役割を果たします。ですから、教師までが、方言べったりの授業をしていては …