雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

ビジネス文書はメールなど連絡を増やす方向に働いている

投稿日:

ビジネス文書は、「文章」の体裁をしていなくともよい。箇条書きで十分である。むしろ、そのほうが読みやすい場合が多い。原稿依頼のファクス文で、字数、締め切りなどの重要事項が、どこに書いてあるのかわからないことがある。

ファクス、パソコン、電子メールなど、最近のオフィスにおける技術進歩は、文書連絡を増やす方向に働いている。これまでのビジネスでは、電話連絡が多かった。しかし、今後は文章による連絡が多くなるはずだ。

挨拶が丁寧な場合ほど、肝心のことが書いていない。差出人の電話番号やファクス番号が書かれてないものも困る。電話だと、話し方でごまかせる。しかし、文書では難しい。ファクスで連絡をもらうと、それを読んだだけで、相手方の事務処理システムの全容を判断できる。

パソコンを用いる際、細かい表現はあまり気にしないで、メモ程度の文章を書いてゆく。このようなメモをつぎつぎに付け加え、メモを文章の形に直す。論理的なつながりを考えて、文章の順序を入れ換える。あるいは、ストーリーを組み直す。最初に書いたメモは、この過程で消されたり変形されたりして、なくなってしまうこともある。

パソコンを用いる文章の書き方は

パソコンを用いる文章の書き方は、紙にペンで書く場合のそれとは非常に違う。このことは、まだ十分に意識されていない。最大の違いは、パソコンの強力な編集機能を利用できることだ。このため、最初から順に書いてゆく必要がない。重要なところから書き始めて、書きたしてゆけばよい。

ある程度できたところで、最初から読みながら、文や用語を推敵してゆく。分量がオーバーしたら、重要度が低いところを削ってゆく。このような作業の繰り返しによって、最終的な作品が自然にでき上がってくる。

これまでも、メモをもとに書いてゆくことは可能だった。しかし、パソコンの場合ほど自由自在な編集はできなかった。論述順序の大幅な入れ換えをするには、切り貼りに頼らざるをえない。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

ある女性の資格試験の合格体験記

ある女性を、たった一か月足らずの勉強で資格試験に合格させることができるか。ある先生の話。ところが、時間のないことが逆に幸いした。一年後とか半年後に試験を受けるとかいうことで時間に余裕があれば、彼女に記 …

no image

親に教養がない場合、子供はどうなるのか

もし、親にあまり教養がなければ。多忙で、子どもとゆっくり接してやる時間のない家の子はどうなのかという問題が残ります。確かに、それらの階層の子は、言語能力が低くなりがちです。成績もあまりよくありません。 …

no image

結果先どりという方法

人はいろいろな願望をもって生きています。願望を実現させるにはどうしたらよいのだろうと、今まで、多くの人たちが願望実現法を説いています。その中でもっとも一般的で、もっとも重要な方法は、結果先どりという方 …

no image

集中力の強化法

集中力のなさを証明するかのように、注意力散漫な自分をさらけ出し、それに甘んじてしまう傾向がある人は、暗示語を使って、間接的に効果をもたらすようにすればよい。たとえば、「記憶力がない」と思っている人は、 …

no image

ホラ吹き猫野郎が願望を実現していく

ホラを吹いたら吹いた分、実績を積んでいけばよい。「俺は会計士になる。会計士になったら、年に三回は海外旅行をし、外国に別荘をもつんだ」「私は有名人になる。大勢の崇拝者に囲まれ、今までバカにしてきた人たち …