雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

高校生は大いに本を読むべき

投稿日:

ミステリーやノンフィクションを読むのに使うのは、もったいない。文学作品を読むのがよトルストイやドストエフスキイは、大学生になっても、場合によっては社会人になってからでも、読める。しかし、へッセやロランは、高校生の感受性でないと読めない。今の学生は、驚くほど古典を読んでいない。これは、テレビ時代の悲劇といわざるをえない。

高校生の時に一番読んだ。期末試験が終わった日に、学校の図書館から沢山の本を借り出したことを懐かしく覚えている。不思議なことに、時間の余裕ができると、勉強に関係ない本も読まなくなってしまうものだ。高校生の時に読書が必要な理由は、もう一つある。それは、多感な年齢であることだ。だから、この時期は、非常に貴重だ、と語るある先生。

これらは、文字通り「青春の香り高き珠玉の名作」である。しかも、それほど長いものではない。だから、すぐに読める。是非読んで欲しい。これらを読んだら、『ジャン・クリストフ』(片山敏彦訳、みすず書房)のような長編に挑戦しよう。

われわれを取りまく情報量は

われわれを取りまく情報量は、適正な水準を越えて過剰になってしまっている。この事実を正しく認識することが、まず重要だ。情報洪水の時代には、「情報を得る」ことは、さほど重要ではない。むしろ、膨大な情報を一覧して重要度を即座に評価し、要らない情報を読まないことのほうが重要なのである。これは、組織のトップにいる人にとっては、とりわけ重要な課題だろう。

現代のビジネスマンは、きわめて多くの文書に目を通す必要がある。新聞記事だけでも、毎日フォローしようとすれば、かなりの時間が取られる。書店に行くと、毎日のように新しい書物が出版されている。これらに追いついてゆかないと、時代の進歩に取り残されるような強迫観念に襲われる。しかし、これらをすべてカバーすることなど、とてもできない。そんなことをしようとしたら、情報のインプット作業だけで、一日の大半の時間がつぶれてしまう。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

究極のカンニング-細工をしているのは自分の頭

「究極のカンニング法」を伝授したいと思います。よく知っている基礎に記憶を連結していけば、基礎が「想起の呼び水」となって、記憶の倉庫から記憶を呼び戻すこの基礎連結法の「基礎」をテスト会場に持ち込み可能な …

no image

顔を用いる記憶方法

ある記憶術の本では、顔を用いる記憶法をつぎのように説明していた。まず、「頭でタバコを消す」「目に塩水が入る」「ラジオに噛み付いて口のなかでラジオが鳴っている」ところをそれぞれ想像せよという。 「頭でタ …

no image

テレビに釘付けになってたら学力として定着はしません

一週間、何も復習しないでおれば、ほとんど忘れてしまいます。覚えていても、うろ覚えになっています。その日、学校で習ってきたことは、寝るまでに必ず再生的に復習しなければ、たしかな学力として身についたものと …

no image

日常、だらしない生活を送っていると他の子のテンポについていけない

しつけには、色々な分野があります。学校でのくらしも、チャイムの合図をもとに、一定の秩序とリズムのあるくらしが日々行われています。チャイムが鳴れは教室に入る。教科書やノートを出しておく。先生に礼をする。 …

no image

凡人と天才の違いとは?

コンピューターじたいの性能アップもさることながら、インターネットが急速に発達しました。脳も、インターネットと同じく、無数のネットワーク(連絡網)で結ばれ、外からの刺激(情報)によって情報伝達がなされ、 …