雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

受験勉強で国語は大切

投稿日:

受験勉強で国語は大切。漢字を覚えるよりも、読解力と表現力を習得する。興昧ある対象で速読の練習速読の練習も必要だ。速く読む技術を習得するには、多くのものを読むしかない。興味のある本や好きな本を、手当たり次第に読めばよい。ミステリーでもSFでも、ノンフィクションでもよい。これは、「受験勉強」について一般にもたれているイメージとは異なるだろう。

古文と漢文は、現代文とはかなり異質だ。外国語のようなものだと思うほうがよい。だから、暗記するしかない。漢字は必ず試験には出るけれども、その配点は、通常驚くほど低い。試験を行なう側としては、漢字の問題を試験に出さないと学生が漢字の勉強をしなくなるので、止むをえず出しているに過ぎない。国語の試験で点数を取るという目的からすると、難しい漢字の勉強に多大の労力を使うのは、ほとんど無駄だといってもよいくらいである。

「受験勉強というのは、あまり面白くない対象を苦労してやるものだ」という固定観念がある。「だから、小説など読むのは、遊びで、良くないことだ」と多くの受験生は思い込んでいるに違いない。高校生の時にはそう考えていた。だから、小説を読むのに、若干うしろめたい気持ちがあった。

読書が好きで国語できないという学生は

読書が好きで国語できないという学生は、いない。そして、このような学生は、普通、他の学科もよくできる。高校時代の読書は一生の資産速読の技術を養うために読書が必要だといった。しかし、実は、高校時代の読書には、それ以上の重要な意味がある。この時期に古典の名作を読むのは、生涯の資産を作ることになるのだ。

そういう意識があったので、時間を惜しみ、結果的に速読の方法を覚えたという効果はあった。しかし、実際には、受験勉強としても大変有効な方法なのだ。面白くて効果があがる、しかも国語以外の科目にも役にたつ。これほど効果的な受験勉強法はない。

勉強で忙しくて、とても「人生の資産」どころではないといわれるかもしれない。しかし、本を読めるのは、時間の制約が厳しいときである。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

自分でつくる問題集で勉強する

問題の数は、五問から一問が適当だと思います。問題をつくる暇があるなら、市販の問題集をやったほうが効率がよいと考える人がいるかもしれません。しかし、基本的なことはもう押さえたと見切れた場合は、むしろ、自 …

no image

休息には積極的なものと消極的なものがある

テレビを見るとはなしに見ていたり、無念無想で空を眺めていたりする頭の中が空っぽな状態が受動的休息。これをリラックスといいます。以上のような方法を心がければ、脳は回復していきます。車でいうと、ギアを入れ …

no image

集中力を高めるのに絵画を部屋に飾るのはおすすめ

心を静めるために、絵画やカレンダーのポスターなどを部屋に飾り、それをボーッと一分間ぐらい眺めてから勉強を始めるのも一つの方法です。景色のよいところに住んでいる人なら、窓から風景を見るのもいいでしょう。 …

no image

問題集の選び方やコツ

問題集を選ぶ場合、予備知識がほとんどない人なら、「解説つきの解答集」がついている問題集を選ぶのが得策です、問題を解きながら基礎知識を頭に入れられるからです。解説不足の問題集を解くと、「なぜこういう解答 …

no image

集中力の強化法

集中力のなさを証明するかのように、注意力散漫な自分をさらけ出し、それに甘んじてしまう傾向がある人は、暗示語を使って、間接的に効果をもたらすようにすればよい。たとえば、「記憶力がない」と思っている人は、 …