雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

国語は勉強が難しい科目であるが

投稿日:

谷崎潤一郎は、つぎのように述べている。(最近の文章は)「叙述を理詰めに運ぼうとする結果、センテンスとセンテンスの間が意味の上で繋がっていないと承知ができない」ため、「しかし」「そうして」「そのために」などの「無駄な穴填めの言葉が多くなり、それだけ重厚味が減殺される」。確かにそうかもしれない。しかし、これは大文豪の言葉だ。

「ねじれをなくす」は、注意しすぎると、そればかり気になって、内容がおろそかになる。「過ぎたるは及ばざるが如し」。八割原則で進行するほうがよいかもしれない。この方針は、「接続詞を安易に使うな」とする伝統的な「文章術」の考えには反する。

何を勉強すればよいか。国語は、勉強がしにくい学科だ。とりわけ、受験勉強がしにくい学科である。国語の成績は、予備校に入ってから伸びるとは限らないといわれる。「どうせ日本語なのだから、これに時間を使うより暗記科目を勉強したほうが効率的だ」と思っている受験生が多いのではなかろうか。しかし、この考えは間違いである。

論述試験では文章を書く能力が問題になる

論述試験では、文章を書く能力が問題になる。試験でよい成績を取ろうとするなら、まず国語を勉強しなければならない。しかも、読み書きの能力は、訓練によって向上するのである。読解力や表現力は、国語だけでなく、他の科目の成績にも影響する。理科でも数学でも、教科書の説明を正しく理解するには、読解力が必要だ。試験の際に、数学や理科で問題の文章を正しく理解するのも、国語の能力だ。

文章を精読する読解の問題文は、短文千五百字程度の文章である。それ以外のレベルのものは出ない(ただし、具体的な長さには幅がある)。

入試の論述題は、百五十字程度で答える。だから、このレベルの文章で考えをまとめる訓練をする。この長さでおよそどのくらいの内容が書けるかというカンを養う。日誌で長い文章をまとまりなく書いていても、この訓練にはならない。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

前倒し式の勉強でどんどんと前に進む

勉強を高速化する方法の一つに「前倒し法」があります。前倒し法とは、これからやろうと計画している勉強を、今のうちにやってしまう勉強法です。この勉強法を成功させるためには、二つのことがポイントになります。 …

no image

よくまとめられた要点だけを抑える割り切りが大事

予備知識や基礎知識のない人は、できるだけ詳しい内容の厚い参考書を選びがちです。けれど、少なくとも高速学習を願う人なら、その誘惑に負けてはいけません。薄いということは、少ないページ数に、重要な点だけがよ …

no image

人生が良くなるための暗示

私は二〇代前半の頃、自律神経失調症になり、死んだ青春を送っていました、と語るある人。私は、中学一年の時の知能指数は一三六。いわば天才的脳力をもっていたのでした。ところが、落ち込んでいた当時の知能指数は …

no image

勉強のやる気と気分転換

いつも見慣れた風景の中での散歩なら、格別新しい情報は入らないので、脳は勉強の阻鴨をしている。歩くことは、勉強の最良の友。新しいインプットが入ると、ワーキング・メモリはそれによって占拠されてしまい、勉強 …

no image

脳細胞の死滅と再生

脳細胞は、筋肉同様、再生するのでしょうか。答えはイエスです。たとえば脳卒中などの脳疾患で無意識状態になっている人に対しても、理学療法士は体を動かすリハビリを始めます。体に刺激を与えることで、まだ生き残 …