雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

ルールに反する典型的な悪文例

投稿日:

ルールに反する典型的な悪文例は、日本国憲法の前文だ。このルールから、つぎの重要なアドバイスが、系として導かれる。それは、「が」を使わないことだ。つぎの例を見よう。a「彼は頭がよいが、受験に失敗した」b「彼は頭がよいが、走るのも早い」aの「が」は、「しかし」という意味である。この場合は、はっきりと、「彼は頭がよい。しかし、受験に失敗した」と書くがよい。

bの「が」は何か。これは、「曖昧接続」である。前後の関係がはっきりしない。あえていえば、「彼は頭がよい。(ところで、一般に頭がよい人は走るのは遅いものだ。しかし、)彼は走るのも早い」の()内が省略されたものと考えることができる。しかし、普通はそこまで考えていないだろう。書いている本人も明確に意識していない曖昧な内容であることが多い。

私は、間違った文章や不適切な文章を読む機会が多い、と語るある先生。まず、学生の答案やレポートがそうである。大学院生の論文でさえ、文章に誤りが多い。最近では、インタビューや座談会の記録を校正する機会が増えた。ライターと称する人たちが書く文章は、時として非常に質が低い。インタビューをまとめてもらうより、最初からこちらで書いてしまうほうが早いと感じることが、よくあるそうだ。

注意深く書くためにも順序が重要であ

注意深く書くためにも、順序が重要である。しかし、これは、プロにとって必要な技法だ。わかりやすい文章を書くルール構成ができあがったら、つぎに、個々の文をわかりやすく正確に書く。

こうした文章を読んでいると、共通する症状があることがわかった。これらを直すだけでも、文章は格段と読みやすくなる。ルール一つの文で、複数の内容を述べない一文一意主義をとる。そして、文の間の論理的な関係を、「だから」「しかし」「他方で」などの接続詞で明らかにする。

これらは、文章を書くとき、つねに心がけるべき重要な注意だ。ただし、あまりこだわると、本末転倒になる。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

子供の生活リズムを狂わせない

このごろ、おなかが痛いという子は、すべてといってよいほど、便が腹にたまっている。三日も四日も、なかには一週間も排便していないという子がいます。「保健室へは行かなくてもよろしい。便所へ入って、三分ほどが …

no image

前倒し式の勉強でどんどんと前に進む

勉強を高速化する方法の一つに「前倒し法」があります。前倒し法とは、これからやろうと計画している勉強を、今のうちにやってしまう勉強法です。この勉強法を成功させるためには、二つのことがポイントになります。 …

no image

教科書を丸写しする勉強による効果は大きい

聴写・視写をたえずつづけることによって、字や文が正しく、早く、美しくと、三拍子揃って書けるようになってきます。落ちこぼれと言われていた頃には、遅く、汚く、まちがいだらけだったのです。毎日つめてやったら …

no image

テレビは抽象的思考を進める能力の発達にブレーキをかける

テレビづけは、書きことばの力の発達即ち概念を操作し、抽象的思考を進める能力の発達にブレーキをかけています。子どもの好むテレビのコマーシャルはこんなものです。「コレ、コータロー、親のいうこと、ねてきくも …

no image

数学は基礎固めしないといけない?

数学は基礎から始めて一歩一歩着実に理解しつつ学ばねばならないと、多くの人が考えている。しかし、必ずしもそうではない。 変分法を勉強していなかった人にとって、はるかにそびえ立つ高峰である。仰ぎ見て、「一 …