雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

論理文章の書き方のコツはまず内容を正確に伝えること

投稿日:

素晴らしい文章で読み手を感嘆させる前に、まず内容を正確に伝えることに専念しよう。そして、つぎには、内容で読み手を感嘆させることにしよう。名文は、そのあとである。文より先に論理文章を書く場合に最も重要なことは、論理の流れをはっきりさせることである。

混池の中から書くに値するものを抽出することこそ、「書く技術」である。かといって、「名文」を書く必要はない。とくに、「人を感動させる文章」を書く必要はない。というより、文章で相手を感心させたり、うならせたりしようとは考えないほうがよい。それより先に、読みやすい文章を書くことを心がけるべきだ。

内部構造をもつ文章において、とりわけ、これが重要だ。「構造」を、つねに意識しよう。本文章がわかりにくい原因の多くは、論理展開の順序がおかしいことにある。論理の流れをはっきりさせるため、できるだけ、メモに書き出す。書くことによって理解することもある。メモで考えを整理してみると、最初に考えていたことと内容が変わってしまうことも、よくある。

日本には文章読本の類が沢山あるが

日本には、「文章読本」の類が沢山ある。しかし、そこで述べられていることの多くは、個々の「文」をどう書くかというアドバイスだ。しかし、その前に、文をどのように配置して文章を構成するかという論理が重要なのである。

A→Bと進んで、またAに戻ってくることがよくある。「いきつ戻りつ」をしてはならない。類似の内容が、数カ所に散在していることが多い。これらは、まとめる。「あれもこれも書きたい」と思うと、論理がはっきりしなくなる。何を書いたかでなく、何を書かなかったかが重要なのである。

なお、「読むこと」と「書くこと」は、関連している。とくに、読むことは書くための必要条件である。読んでいない限り、文章は書けない。学生のレポートで、話し言葉風の表現が時々みられる。これはきちんとした文章を読んでいないか、軽いエッセイを読む程度だからだろう(エッセイでは、意図的に話し言葉や軽い語り口を用いることがある)。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

目的意識を持つことの重要性

集中できない理由を抱えていても心をコントロールして集中していくには、「目的意識」をしっかりもつことが重要です。人を洗脳する方法の一つに、むかし軍隊がやった次のようなゃり方があります。捕虜に、「穴を堀れ …

no image

願望を実現する方法

「願望は必ずかなう」。これは、ほぼまちがいのない真理だと思っていますが、じつは願望は一つではないのです。願望には二種類があります。「表の願望」と「裏の願望」です。たとえば「人前で堂々としゃべりたい」と …

no image

人間の価値や評価はテストの点でしか見られません

わからない子が尋ねてくると、親身になって教えてやります。わがこと以上に熱を入れてわかるまで説明してやります。わかってくれたらとてもうれしいのです。そんな子は、友だちに信頼されます。いざというとき、友だ …

no image

一度記憶したことはその2日後にもう一度点検してみる

一度記憶したことは、その2日後にもう一度点検してみることをおすすめする。2日周期というのには理由がある。人間の記憶は、時間がたつにつれておぼろげになっていくものだが、記憶した内容をより多く、よりはっき …

no image

朝に新聞を読む時間を勉強に当てよう

多くの人の朝の日課といえば、新聞を読むことだ。毎朝、新聞に30分、なかには1時間以上かける人もいるようだが、これは、こと勉強のためと点ではよい朝の過ごし方とはいえない。朝は、人間がもっとも頭の深えてい …