雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

ダメ文章とどうつきあえばよいか?

投稿日:

「入試に出る英単語は、知的な方向にバイアスがかかっている」。国語の試験に出題される文章は、「正しい方向へのバイアスがかかっている」。入試以外の場合はどうか。ダメ文章は、内容もダメ」と割り切ってしまうことが一つ。支離滅裂な文章構造で刊目すべき内容が述べられているということは、めったにない。この判断をするためにも、「調べ読み」レベルの速読が必要である。

世の中には「ダメ文章」も多い。では、こうした文章とどうつきあえばよいか?まず、入試の場合には、あまり気にしなくてよい。読解問題で出題される文章は、適切な構造をなしているものが多いからである。少なくとも、支離滅裂な文章は出てこない。

国語の勉強のもう一つの側面は、「書くこと」、つまり文章によって自分の考えを表現することである。受験の場合、国語だけでなく、社会などでも論述式があるから、この能力は重要だ。ビジネスマンも、文書によって事務連絡を行なうことが多い。

人文社会科学系の学者が書く文章は

一昔前まで、人文社会科学系の学者が書く文章は、非常に読みにくかった。われわれは、このような誤った権威主義から脱却しなければならない。書くのは「技術」であると意識することだ。小学校の時、民主化教育の影響で、「感じたまま、見たままを書きなさい」と教えられた(多分、文部省の指導要領にそう書いてあったのだろう)。

しかし、子供心にも、これは奇妙な指示であった。「感じたまま」を書こうとすると、さまざまな雑念がわいてきて、自分でも何を書いているのかわからなくなる。「見たまま」といわれても、いろいろなものが見えて、焦点があわない。

書く心構えとしては、わかりやすく書くことである。少なくとも、そう努めるべきだ。文章を書く目的は、自分の考えを読み手に伝えることだから、これは自明のことである。しかし、日本では、学者の書くものは難しくて当然という通念があった。それどころか、わかりやすい文章ではありがたみがないという考えさえあったのである。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

中学の英語がつまらないと思ってしまうのは何故?

言葉を覚えるなら、内容に興味を引かれるもののほうがずっと楽しい。言葉の響きに生理的な快感を覚えるときもある。高校生のときドイツ語を勉強していた、と語るある人。それは、何とかしてへッセを原文で読みたいと …

no image

専門的なトレーニングなしで速読力をつける方法

専門的なトレーニングなしで速読力をつける方法は、次の通りです。 ・小説は短編集を利用する 短編集は一冊に五~六編ぐらいの作品が載っています。各編は約四ページぐらいです。仮に四ページだとすると、その数字 …

no image

自己統御の働きは内言を自在に扱える素地をつくりあげていく

言語の機能の一つ、自己統御の働き。内言を自在に扱える素地をつくりあげていきます。表面だけを見ていると、写し書きなどやらせていても、ちっとも思考力はつかないし、学力も伸びないと思いがちです。しかし、写し …

no image

高学年では算数の時間が週一時間減っています

よくわからぬ子は、置いてけぼりとなります。立ち止まってゆっくり教えてやるいとまはなくなります。いま、「ゆとりの時間」なるものは、上のユートーリやらされる時間に多くはなっています。子どものために早急に取 …

no image

子供の言語能力が伸びない原因にある親の三コト

京都のある先生は、ある調査をされていました。住宅地です。一位は、「ハヨ勉強シイ」、二位は、「ハヨ寝エ」、三位は、「忘レモンチイカ」です。いずれも、主語ぬきです。述語のない場合もかなりあります。このよう …