雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

速読のコツは音読をしないこと

投稿日:

英語の場合、母国語であっても、速読のために特別の訓練をする必要がある。しかし、日本語ではキーワードが漢字(場合によってはカタカナ)で書いてあるので、それを追って読むことで、おおよその意味がわかる。特別の訓練を受けなくとも、意識して練習するだけで、誰でもある程度の速読はできるはずだ。

「速読法」と称して宣伝されている方法を否定するわけではないけれども、それだけが唯一の方法ではないと思う。一冊の本でも、重要な箇所はゆっくり読み、そうでない箇所は飛ばして読むといったことがある。したがって、どんな場合にも適用できる一般的な方法があるとは限らない。さまざまな速読法があってもよいはずだ。

ただ、どんな方法をとるにしても、必ず守るべき最低限のルールがある。それは、決して音読しないことだ。音読する限り、速読はできない。一定の範囲の文章をひと塊りのものとして「見る」ことによって、意味をとる必要がある。

音読しないことを注意すれば

速読は、単行本であれば、一冊を十分程度で行なう。本を買ったあとでコーヒーショップに入ったとして、コーヒーを飲み終わるまでの間にその本の概要を捉える程度のスピードが、目安である。この場合、すべての文章をもれなく見ているわけではない。上空から地上を概観するように、全体をざっと見る。つまり、ページ単位をひとまとまりとして見る。

音読しないことを注意すれば、誰でも自然に速読できるようになる。まず、本などをざっと一覧して、読むに値する箇所はどこかを判断するための速読がある。いわゆる「調べ読み」だ。なぜ、このような読み方が必要か。それは、対象が読むに値するものかどうかが、わからないからである。

世の中には、読む必要のない本や記事が沢山ある。これらをすべて精読することなど、とてもできない。誰でも気がつく当然の心構えや、精神訓話的なことしか書いていない本も多い。だから、おおよその内容を把握するために、速読する必要がある。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

分解法は日本語から離れずそれと英語を対応させようとしている

分解法は、あくまでも日本語から離れず、それと英語を対応させようとしている。しかし、英語と日本語は別の体系である。このため、一対一対応が成立しない。まず、単語のレベルにおいて、そうである。英単語が日本語 …

no image

高校生は大いに本を読むべき

ミステリーやノンフィクションを読むのに使うのは、もったいない。文学作品を読むのがよトルストイやドストエフスキイは、大学生になっても、場合によっては社会人になってからでも、読める。しかし、へッセやロラン …

no image

曖昧接続の「が」が使いやすいからといって多用しない

曖昧接続の「が」は、使いやすい。だから、うっかりしていると、どんどん増える。そして、文章の意味が曖昧になる。 ・「私は毎日ジョギングしているが、これは健康維持のためだ」 ・「文章の書き方だが、重要なの …

no image

親に教養がない場合、子供はどうなるのか

もし、親にあまり教養がなければ。多忙で、子どもとゆっくり接してやる時間のない家の子はどうなのかという問題が残ります。確かに、それらの階層の子は、言語能力が低くなりがちです。成績もあまりよくありません。 …

no image

記憶の中枢は脳の海馬にあるといわれています

人間は、「忘れるという能力」をもっていて、自動的に忘却をするようになっている。ですから、忘れてしまうことについて自分を責めないことです。忘却恐怖に陥ったり忘れる自分を嫌ったり、自信をなくしたりしないよ …