雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

文章全体の概要を掴む

投稿日:

最初には問題提起が、そして最後に結論が書いてある(はずだ)。だから、まずこの二箇所を読めば、全体の概要を掴むことができる。その分量は、多くとも全体のおよそ二割である。途中は、結論を導くための論証と、読者を説得するための材料だ。この部分は、あとから読む。小説などは、結末を見てしまっては興味がそがれる。だから、最初から順に読まなければならない。

大学入試の現代文における「長文読解」の問題文は、文章(短文)だ。まとまった報告書や専門的な論文は、普通、長文である。ビジネスマンや研究者が読むものは、この程度の長さのものが多い。第一レベルの文章(細胞)は、内部構造がなく、全体を代表する文を捉えることが重要だ。適切に書かれている文章では、キー・センテンスは冒頭に置かれていることが多い(必ずというわけではない)。これについては、非常にはっきりした、しかも簡単なノウハウがある。それは、文章の最初と最後をまず読むことである。

しかし、論文や事務文書は、そうではない。最も重要なところをまず読むべきだ。岸信介氏は、商工省の事務官のとき、文書を最後から読んでいたそうである。理解のためには、文章の最初と最後をます読む。

正しく把握する

正しく把握する。漫然と読むのでなく、重要そうなところと理解できないところに、下線を引いたりマークをつけたりしておく。また、必要に応じてメモを書き込んでおく。これらは、あとから読み返すときのためである。必ず筆記用具を持って読むことにする。論文を読む場合に、マークや書き込みで汚すことを恐れてはならない。

最初と最後の数パラグラフを読む。これで、テーマと主要な結論を知る。つぎに、全文を通読する。通常は最初から順に読む。ここでのポイントは、理解できない箇所があっても、拘泥せずに進むことだ。内容を理解するというより、むしろ何がどこに書いてあるかを知るために読む。この目的は、構造を正しく捉えることである。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

速読のコツは音読をしないこと

英語の場合、母国語であっても、速読のために特別の訓練をする必要がある。しかし、日本語ではキーワードが漢字(場合によってはカタカナ)で書いてあるので、それを追って読むことで、おおよその意味がわかる。特別 …

no image

正しい英語とは知識人が正式な場で用いる英語

映像と言語を結びつけられるという意味で、映画教材がすぐれていることは、事実である。しかし、日本人向けの英語教材として、映画は不適切な場合が多いと思う(テレビ番組、歌なども同じ。ただし、歌は英語のリズム …

no image

自分でやるべき課題を見つけてとりかかるようになると

子供が勉強をやる気なったら、「ぼく、漢字が弱いから、毎日二字ずつやるよ」とか、「計算が苦が手だから、うんとやる」など、自分でやるべき課題を見つけてとりかかるようになります。「何をやったらいいかな」と、 …

no image

小学生は家庭教育が大事

小学生の場合、家庭教育が大事だ。親の最大の役割は、子供の知的好奇心を育てることである。学校教師のレベルが低い場合、知的好奇心をはぐくんでやれるのは、家庭しかない。また、教えることによって学ぶということ …

no image

子供に漢字の成り立ちなどを教えるとやる気になってくれる

漢字のなり立ちや、字そのものの持っている意味を分かりやすく教えてやりますと、いままで漢字に興味のなかった子どもでも、いろんな漢字の由来を尋ね始めます。好機到来です。機は逸してはなりません。 子どもに分 …