雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

文章を書く場合に何よりも先にすべきことは全体の分量を把握すること

投稿日:

ある雑誌で連載エッセイを始めたとき、非常に書きにくいと感じたことがある、と語るある先生。原因は、字数にあった。そのエッセイの分量は、約四千字で、ちょうど第二レベルと第三レベルの中間だった。ところが、それまで私が書いてきたものは、第二レベルのエッセイか第三レベルの論文が多く、その中間に位置するものは、あまりなかった。このために、四千字の位置づけに迷ったのである。まさに、「帯に短し、たすきに長し」であったのだ。

文章を書く場合に何よりも先にすべきことは、全体の分量を把握すること。もちろん、要求される分量は、典型的なものとは限らない。また、文章を書き慣れていない人は、この判断ができない。というより、判断が必要という意識なしに書き始める。このため、分量が足りなくなったり、途中で終わってしまったりする。文章を日常的に書いていると、無意識のうちにも、こうした判断ができる。しかし、普段文章を書いていないと、カンが鈍る。

大学紀要の原稿で、枚数が限度を大幅にオーバーしていたり、「紙面に余裕がないない」などと言い訳しているものをよくみかける。これは、論文を書き慣れていな暴露するものであり、見苦しい。四百字のエッセイを書く必要があるかもしれない。この場合に必要なのは、「細胞を三個」と捉えるか、あるいは「三分の一に圧縮した短文」と考えるかの判断である。

講義のつもりで話し始める人がいる

大論文に相当する「長文」を話そうとしたり、講義のつもりで話し始める人がいる。それどころか、分量をまったく意識せず、「とりとめもなく」話す人も多い。これでは「ディスカッション」など不可能だ。与えられた分量にあわせて書く内容を考える。逆ではない。

書くのに慣れたのは、十回目頃からであった。なお、以上で述べた注意は、話す場合にも必要だ。例えば、パネル・ディスカッションでの一回の発言は、文章の場合の「細胞」数個分に相当するものでなければならない(最初の発言は少し長くてもよいけれども、せいぜい「短文」レベルまでだ)。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

英語を母国語としない人々とも英語を介してコミュニケーションができる

これまで英語でコミュニケーションができる人は、企業や官庁の中で「英語使い」、「国際派」などと呼ばれ、どちらかというと特別の人たちと見なされがちだった。しかし、これからは、普通の人にとって英語が必要にな …

no image

覚えにくい単語、用語を覚える

長い命題のほうが覚えやすい。記憶を容易にするいくつかのヒントが含まれている。理由をつけて覚えると、その分だけ、覚える内容は多くなる。しかし、このほうが楽で確実なのである。この方法は、「学習対象は少ない …

no image

八割勉強法-とりあえず先に進め

勉強では、全体を把握している必要がある。八割できたら、つぎの仕事にかかる。基礎を八割理解したら応用に進む。八割原則は、別の意味でも原則と関わっている。一般に、「基礎を理解してから一歩一歩進め」という。 …

no image

1/fゆらぎのイライラ解消の効果

最近では、都心を走る地下鉄半蔵門線のホームで小鳥の声が流されています。客同士のトラブルを防ぎ、自殺防止、かけ込み乗車事故防止などを意図しているようです。JR中央線も、人身事故でよくダイヤが乱れるためで …

no image

計算力を強化することで得られる効用

計算は、練習し始めてからしばらくは、日に日に正確に、そして敏速にできるようになります。とくに、時間を計ってやらせたり、かなりつめてたくさんやらせたりすると、目に見えて上達します。わき目もふらず、一心に …