雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

本論の構成は分量によりまた論ずる内容によりかなり異なる

投稿日:

本論の構成は、分量により、また論ずる内容により、かなり異なる。論文の目的が従来の見解の批判であるため、対立点を明らかにしている。論文の中心部分である。財政拡大の経済効果としては、為替レートへの影響以外にも、さまざまなものがある。例えば、需要構造を変化させるという側面もある。長文(万五千字程度)の場合には、これらをも扱い、その結果、主要な論点が複数になることもある。

書き手は、構造を明確に意識し、読み手が理解しやすいよう配慮する必要がある。とくに、どことどこが同レベルで対応しているかを示す必要がある。他方で、読み手は、この構造を正しく捉える必要がある。

短文(千五百字程度)では、これらについて触れることは難しい。論点は「為替レートとの関連」というように、一つに絞る必要がある。本論での検討をまとめて、「だから、現時点では財政拡大は必要ない」というような結論を導く。これは、序論で提起した問題についての答えである。

私は経済理論をよく知らないのだが

「私は経済理論をよく知らないのだが、編集部からのたっての依頼だから、止むをえずつたない経験を述べることにした」などという「言い訳」をいっては駄目である。このような言い訳が最初にある文章は、まず、読む価値がない。

この他に、議論しなかった論点や、留意点について述べることもできる。また、より大きな問題との関連を述べてもよい。ただし、これらは、あくまでも本論で扱ったテーマの補足でなければならない。全く新しいテーマについての議論を結論部で展開してはならない。

これは、「先行研究のサーベイ」とはやや性格が異なる。なお、この部分は、序論におくこ
ともできる。分量で内容が決まるこのように、「何をどのように書くか」は、分量によって異なるのである。全体の分量は、通常、与えられている。だから、これにあわせて内容を考える必要がある。内容から分量が決まるのではない。この点は、実に多くの人が誤解している。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

自分を成功に導くチェック事項

自分を成功に導くチェック事項を紹介していきます。チェックの例を提示しておきますから、みなさんはその中から自分にあてはまるものを抜き出し、それを机の上に貼っておいたり、手帳にはさんでおいたりして、いつも …

no image

小学生の子供が勉強にやる気を出すには?

子供が勉強する時、それは「親がそば近くにいてくれて、やさしくしてくれるとき」。何かが貰えるとか、褒められたとか、命令されたとかいうときより、はるかに勉強がしたくなるとのこと。もっと勉強をやれと、つい大 …

no image

順接・逆接といったことばに習熟していないかぎり算数の文章題を解けない

論理を組み立て、思考を展開していく際に、なくてはならないカギことば。順接・逆接といったことばに習熟していないかぎり、たとえ文字が読めても、計算がすらすらできても、算数の文章題を自力で解くことはできませ …

no image

朝に新聞を読む時間を勉強に当てよう

多くの人の朝の日課といえば、新聞を読むことだ。毎朝、新聞に30分、なかには1時間以上かける人もいるようだが、これは、こと勉強のためと点ではよい朝の過ごし方とはいえない。朝は、人間がもっとも頭の深えてい …

no image

子どもがまっとうに成長していくには人と時間が要る

庶民だけが、うつろな目をして、テレビを見呆けていては、いったいどうなるのでしょうか。テレビの陰極線は、人間の創造的思考力、企画力の中枢である前頭葉、つまり額の部分を直撃するのです。頭がボケるのも、うべ …