雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

序論、本論、結論の三部構成

投稿日:

序論、本論、結論の三部構成とすることを勧めたい。各部を、一八一程度の比重にする(全体が長いほど本論の比率が高くなる)。短文(第二レベルの文章)を書く場合にもっとも重要な注意は、論点を一つに絞ることである。

李論文を書く際のガイドラインとしていえば、「起承転結」は、必要ない。とくに、「転」は、もともとは詩作のためのものであり、現在ではプロがエッセイなどを印象深く書くためのテクニックである。だから、普通の論文では、ないほうがよい。

主要な論点が二つ以上あると、論点がぼけたり、読み手が混乱したりする。長文(第三レベルの文章)では、構成にとくに気をつける必要がある。本論の部分を、短文の場合より複雑な構造とすることができる。

論文は三部構成とせよ。短文に二つ以上の論点を入れるな。澤田昭夫氏は、起承転結は詩作の原理であり、論文の原則としては適切でないと述べている。そして、「序、本論、結び」の三部構成にすべきだとしている。私もこの意見に賛成である。

主要な結論は一言でいえなければならない

主要な結論は、「一言」でいえなければならない。学生の論文に対して「要するにどういうことか」と聞くと、延々とした説明がかえってくる場合がある。これは、内容が十分に考え抜かれていない証拠だ。

「財政政策」というだけでは、問題はまだ漠然としている。そこで、「為替レートとの関連で考える」というように、問題の限定化を行なう。入試の小論文では、問題提起にあたる部分は、通常、論題として与えられている。ただし、その論題は、かなり範囲の広い漠然としたものであることが多い。千五百字程度で書くには、もっと焦点を絞る必要がある。そこで、大テーマのどの部分に焦点をあてて論じるか、あるいは、いかなる観点から論じるかという「問題の限定化」から始めることになる。

論文構造の例論文においては、構成が非常に重要である。「現時点で必要な財政政策は何か?」というように、問題提起を行なう。ここには、論文が答えようとする問題が述べられている。これは、普通、問いの形であらわすことができるのである。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

傘下の各中学校からトップレべルの子どもをよりぬいています

公立の著名な進学高校は、傘下の各中学校から、トップレべルの子どもをよりぬいています。そんな高校でも、国立大学に合格する生徒は三分の一を下回ります。そのつぎのランクの高校となると、学年で一位以内、クラス …

no image

試験まで時間がないということがないようにスケジューリングをしっかりする

入学試験をめざす受験生にとっては、入試が最大の目標である。しかし、これでさえ遠い目標かもしれない。学期別の区切りで目標をたてよう。社会人にとってスケジューリングが難しいのは、予測できない用件が途中で割 …

no image

計算の弱い子は数量感覚がほとんどついていない子

計算の弱い子は、数量感覚がほとんどついていない子です。一という数は、その小学校全体の子どもが、朝会に集まったときの人数ぐらいだということが、よくわかっていないのです。一という数なら、原稿用紙に五枚、き …

no image

教科書を丸写しする勉強による効果は大きい

聴写・視写をたえずつづけることによって、字や文が正しく、早く、美しくと、三拍子揃って書けるようになってきます。落ちこぼれと言われていた頃には、遅く、汚く、まちがいだらけだったのです。毎日つめてやったら …

no image

論理文章の書き方のコツはまず内容を正確に伝えること

素晴らしい文章で読み手を感嘆させる前に、まず内容を正確に伝えることに専念しよう。そして、つぎには、内容で読み手を感嘆させることにしよう。名文は、そのあとである。文より先に論理文章を書く場合に最も重要な …