雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

外国語を勉強してマスターすれば退職後、外国に住むこともできる

投稿日:

英語の会議で臆せずに話したり、講演をしたりできるようになったのは、留学が終わって帰国し、学者になってからあとのことである。つまり三十代の後半になってからである、と語るある先生。

シュリーマンは、六十四歳になってからアラビア語を勉強した。前回の旅行のときに船の契約で掛値をされ、言葉を知らないことを残念に思ったからだ。そして、短期間のうちに、日記をアラビア語でつけられるようになった(あの難しいアラビア文字を使ってである)。

FEN勉強法が役に立った。留学中(二十代の末から三十代の初め)には、講義を聞いたり、レポートや試験の答案を書くということは、もちろんやっていた。しかし、大勢の前で長時間話すことは、なかなかできなかった。

外国語ができれば、退職後、外国に住むこともできる。住宅も生活費も安い。日本の年金で過ごせば、どこにいっても大金持ちだ。問題は、コミュニティとのつきあいと、病気になったときの病状説明である。これらはいずれも、言葉の問題だ。言葉ができれば、人生の可能性は大きく広がるのである。

英語と日本語は一対一に対応しない

退職して時間ができたら、新しい外国語に挑戦したいと思っている。イタリア語は、そのためにとってある。中国語の勉強もしたい。あのアクセントは魅力的だ。そして、中国を旅行して直接に中国人と話してみたい。

英語と日本語は一対一に対応しない。単語は孤立しては覚えられない。分解法だと、英語的な表現や用法が身につかない。分解法は無味乾燥で退屈。英語がつまらないと考える学生が多い原因は、分解法にある。受験のためにも、丸暗記法で十分。ビジネスマンにとっての英語の重要性は、今後ますます強まる。

英語の勉強は、教科書を丸暗記するだけでよい。二十回音読すれば覚える。教科書がつまらなければ、興味のある本を覚える。英語ができれば、世界は大きく広がる。QFENのニュースを聞く。映画の英語は、適切な教材ではない。インターネットの時代には、書く英語が重要になる。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

忙しい、少ししか勉強できないという方はまず目次全体を読んでから

勉強は、理想をいうなら、四〜五時間の勉強が毎日できれば、それにこしたことはありません。しかし現実はそう甘くありません。人づき合い、残業、デートなどがあります。また、今日は体調が悪いとか、やる気が起きな …

no image

数量認識の未発達の子どもには数をおりこんだ会話をする

算数のできない子といわれている子は、主として家庭などでの会話や、経験の中で、数量を意識させられるような生活の非常に少なかった子です。 「もう八時三分になりましたよ。早く寝なさい」「お年玉を貯金してきた …

no image

全体像を把握する勉強法

効果的な勉強法は、最初に鳥獣図を得る。これが、勉強法の原則。目の前にあらわれる対象との関係で把握している人もいる(例えば、銀行の角を右に曲がり、つぎの信号を左に曲がるというように)。道を歩いたりドライ …

no image

孔明は速読の達人だった

中国は多くの英雄、天才を輩出してきましたが、その中でも諸葛孔明はもっとも優れた人物といっても過言ではないでしょう。神算奇計の作戦と綴密項妙なその策は、あらゆる豪傑、軍師を圧倒し、『三国志』を読む者の胸 …

no image

あなたが興味をもつデータについて記憶する

日本の人口は約一・二億人であることを覚えよう。六割の世帯が六年周期で新車を買うとすれば、自動車の国内年間販売台数は四百万台程度だろう(一九九四年では、四百二十一万台)。平均世帯員数が約三人であることを …