雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

インターネットの時代は書く英語の時代

投稿日:

インターネットの時代は、「書く」英語の時代である。英語を書いてコミュニケーションを行なう。このためには、正確な英語を書けることが必要だ。インターネットの時代には、話さなくて済むので、ヒアリングと発音に弱い日本人には有利になるという人がいる。しかし、逆である。一番難しいのは書くことだ。

最近「インターネット」という言葉を、新聞や雑誌でよく見かける。これは、世界の多くの国をカバーするコンピュータのネットワークのことである。すでに、学者の間では、インターネットの電子メールがごく日常的な通信手段になっている。

英語の場合には、同じことを相手に思われていることになる。ビジネスマンの英語というと、会話と同義に思っている人が多い。しかし、これは間違いである。重要なのは、文章を書くことだ。これからは、英会話だけでなく、英語の文章を書く必要が高まる。

どこに書いてあるかの見当をつけて読む

教科書を読んで、例えば「GNPが年率五%で成長した」、「金融緩和で国債の利回りが低下した」、「円がドルに対して強くなった」、「先物市場に売り注文を出す」といったことをどのように表現するかを勉強する。索引を利用して、どこに書いてあるかの見当をつけて読む(こうした目的のためには、教科書がCDーROM形態になっていると便利だ)。

いつから始めても遅くない外国語の勉強は、何歳になってもできる。「社会人になってからでは遅いだろう。三十歳をすぎたら外国語の勉強は無理だ」などといってはいけない。英語を書く訓練はどうしたらよいか。名文を書く必要はない。自分の専門分野の事柄について、正しい英語を書くことが先決だ。門用語は辞書や用語辞典を引けばわかる。

しかし、動詞や前置詞の使い方がわからない。これを覚えるには、専門分野の教科書を読むのが一番よい。経済やビジネスの分野なら、経済学の教科書を読む。ゼミナールで輪読の教科書に英語の本を使うと、折角のチャンスなのに、翻訳を使っている学生がいる。もったいないことをするものだ。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

四桁の数の計算は子どもにとっては次元のちがう世界でのできごと

お年玉には端数がありません。すべて一円単位です。稀に五円単位でもらうこともありましょうが、計算はいたって簡単です。わざわざ計算のしかたを習うまでのこともありません。引き算となると、これはもうめったに使 …

no image

文章を書く場合に何よりも先にすべきことは全体の分量を把握すること

ある雑誌で連載エッセイを始めたとき、非常に書きにくいと感じたことがある、と語るある先生。原因は、字数にあった。そのエッセイの分量は、約四千字で、ちょうど第二レベルと第三レベルの中間だった。ところが、そ …

no image

本に落書きをしてイメージで記憶する

本を読んでいて、このページは使えるというところがあれば、ページの片すみに、どんなものでもいいですから、落書きする。たとえばある項の記述が気に入ったら、そのページの余白に自分の好きな異性の顔の落書きをし …

no image

英語塾の類が乱立しているのは

ある新聞に、英語の教官が「初めてアメリカに行って空港におりた途端に、自分の英語が全く役に立たないことを知って標然とした」と書いていた。標然とするのはこちらである。大学の英語教官の英語が役に立たないのだ …

no image

文章全体の概要を掴む

最初には問題提起が、そして最後に結論が書いてある(はずだ)。だから、まずこの二箇所を読めば、全体の概要を掴むことができる。その分量は、多くとも全体のおよそ二割である。途中は、結論を導くための論証と、読 …