雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

正しい英語とは知識人が正式な場で用いる英語

投稿日:

映像と言語を結びつけられるという意味で、映画教材がすぐれていることは、事実である。しかし、日本人向けの英語教材として、映画は不適切な場合が多いと思う(テレビ番組、歌なども同じ。ただし、歌は英語のリズムをとらえるには適当な教材である)。なぜなら、映画の英語は、日常的な会話が多く、崩れた言葉が多いからである(『ローマの休日』のような特殊例は別)。

最近ではビデオやLDが簡単に手に入るようになったので、映画の英語も簡単に聞けるようになった。そこで、これを英語聞き取りの教材に使えばよいという意見がある。英会話の教材として売られているものもある。

外国人が『男はつらいよ』の寅さんの会話や落語を理解しにくい。だから、映画の英語を聞いて、「とても聞き取れない」と落胆する必要はない。教材として用いるのであれば、正確な言葉が話されている映画を精選しよう。

正しい英語とは、知識人が正式な場で用いる英語である。ニュースの英語は、その典型だ。どんな英語を聞き取るというのは、極めて大変なことなのである。これにっいて見切りをつけることが重要だ。

映画の英語を聞き取れなくとも

映画の英語を聞き取れなくとも、外国人として英語を使うには、不自由しない。映画の英語はよく理解できないことが多い。しかし、外国の学者と共同研究するには、何の支障もない。正しい英語を聞ければよいのだ。

話す場合には、内容さえしっかりしていればよい。しかし、書く場合にはそうはゆかない。正確な文章を書けないと、(英語の能力だけでなく)一般的な能力を疑われる。外国人が下手な日本語を書くと、能力を疑う(会話が下手でも、そうは思わない)。

アメリカ南部のアクセントが聞けない。また、イギリスのいくつかの地方(とりわけマンチェスター付近)のアクセントも聞けない。オーストラリア英語も駄目である。また、スラングもわからない。しかし、私はあるとき、これらを聞き取る努力をするのは、費用効果比があまりに高いと気がついた。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

勉強する上での中心とは何でしょうか?

前に、小中学生の学力が落ちたというニュースが話題になりました。こまかい点はおぼえていませんが、たとえば、次のような問題に答えられたのが、わずか三割だったといいます。「昨年、全校生徒八〇〇人のうち図書館 …

no image

ビジネス文書はメールなど連絡を増やす方向に働いている

ビジネス文書は、「文章」の体裁をしていなくともよい。箇条書きで十分である。むしろ、そのほうが読みやすい場合が多い。原稿依頼のファクス文で、字数、締め切りなどの重要事項が、どこに書いてあるのかわからない …

no image

数量認識の未発達の子どもには数をおりこんだ会話をする

算数のできない子といわれている子は、主として家庭などでの会話や、経験の中で、数量を意識させられるような生活の非常に少なかった子です。 「もう八時三分になりましたよ。早く寝なさい」「お年玉を貯金してきた …

no image

小学生の頃から本を読んでいた子供は将来学習能力が高くなる

大学は、抽象的な思考や、複雑な概念を操作して、いろんな研究を進めていくところです。当然、言語能力が水準以上に達していない者は、入試で海汰されてしまいます。一年以上にわたって、毎日のように本に親しんでき …

no image

試験を受ける合理的なノウハウの存在

試験は、古くから行なわれ、すでに確立された社会的な仕組みの一つである。それは明確な目的をもって行なわれ、長年の経験から一定の方式に従って行なわれている。とくに大学受験はそうである。資格試験、入社試験な …