雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

正しい英語とは知識人が正式な場で用いる英語

投稿日:

映像と言語を結びつけられるという意味で、映画教材がすぐれていることは、事実である。しかし、日本人向けの英語教材として、映画は不適切な場合が多いと思う(テレビ番組、歌なども同じ。ただし、歌は英語のリズムをとらえるには適当な教材である)。なぜなら、映画の英語は、日常的な会話が多く、崩れた言葉が多いからである(『ローマの休日』のような特殊例は別)。

最近ではビデオやLDが簡単に手に入るようになったので、映画の英語も簡単に聞けるようになった。そこで、これを英語聞き取りの教材に使えばよいという意見がある。英会話の教材として売られているものもある。

外国人が『男はつらいよ』の寅さんの会話や落語を理解しにくい。だから、映画の英語を聞いて、「とても聞き取れない」と落胆する必要はない。教材として用いるのであれば、正確な言葉が話されている映画を精選しよう。

正しい英語とは、知識人が正式な場で用いる英語である。ニュースの英語は、その典型だ。どんな英語を聞き取るというのは、極めて大変なことなのである。これにっいて見切りをつけることが重要だ。

映画の英語を聞き取れなくとも

映画の英語を聞き取れなくとも、外国人として英語を使うには、不自由しない。映画の英語はよく理解できないことが多い。しかし、外国の学者と共同研究するには、何の支障もない。正しい英語を聞ければよいのだ。

話す場合には、内容さえしっかりしていればよい。しかし、書く場合にはそうはゆかない。正確な文章を書けないと、(英語の能力だけでなく)一般的な能力を疑われる。外国人が下手な日本語を書くと、能力を疑う(会話が下手でも、そうは思わない)。

アメリカ南部のアクセントが聞けない。また、イギリスのいくつかの地方(とりわけマンチェスター付近)のアクセントも聞けない。オーストラリア英語も駄目である。また、スラングもわからない。しかし、私はあるとき、これらを聞き取る努力をするのは、費用効果比があまりに高いと気がついた。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

小学生の子供に視写をさせましょう

子供に視写をやらせましょう。教科書の文章を見て、原稿用紙に丸写しさせるのです。視写は、目に映じた活字を、一々転写しなければならない。初期は、まるで首振り人形のように、一字ごとに、あるいは一語ごとに見て …

no image

子供が勉強を自分からやるようになった例

子どもが、毎日の家庭学習を言わずともやるようにしつけていった例を紹介しましょう。共働きの家庭の子です。かなり落ちこぼれていることは、通知簿からも察せられました。その子は、小学校五年の男の子で、勉強する …

no image

1/fゆらぎのイライラ解消の効果

最近では、都心を走る地下鉄半蔵門線のホームで小鳥の声が流されています。客同士のトラブルを防ぎ、自殺防止、かけ込み乗車事故防止などを意図しているようです。JR中央線も、人身事故でよくダイヤが乱れるためで …

no image

子供に音読してあげることによる効果を知ろう

どこの学校でも、あまり音読は重視していないのでしょうか。それとも、子どもに教科書を読ませるような、ゆったりとした授業をするひまがないのでしょうか。いつも、段落は?要点は?主人公の心情は?主題は?といっ …

no image

無理に思い出すよりもすぐに答えを確認しよう

記憶で怖いのは、記憶の中に正しい「福沢諭吉」ではなく、誤った「福沢輸吉」という名前が定着してしまうこと。苦労して思い出しただけに、その名前は自分の中でインパクトの強いものになっている。そのあと、「福沢 …