雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

アメリカ英語に慣れるとイギリス英語は聞き取りにくくなる

投稿日:

相手が英語を理解しなくても、英語でしゃべればよい。場合によっては、日本語でしゃべってもよいのである。数字だけ書いて示せばよい。しかし、レンタカーでドライブする場合に限っては、それとはレベルの違う会話能力が要求される。その国の言葉を、かなり正確に使えることが、必要である(最低限、英語は絶対に必要である)。事故を起こしたときに、言葉ができないと、窮地に陥るからである。

外国旅行でその国の言葉が必要になるのは、(仕事の関係を除けば)、交通機関、買い物、食事、ホテルだろう。これらの場合、とにかくしゃべることが重要だ。例えば、買い物で「これを三つ下さい」というのは、身振りでわかる。そのとき、何でもよいから、言葉をしゃべるのがよい。

例えば、自分に非がないときに、それを警官に説得的に説明できなければならない。相手に非があるのに言葉で負かされてしまっては、駄目である。最近では、日本人も外国でレンタカー・ドライブをするようになった。しかし、言葉に自信のない人が自分で運転するのは、危険きわまりないことだ。

アメリカ英語に慣れると

アメリカ英語に慣れると、イギリス英語は聞きにくくなる。イギリス人の英語を聞くと、途中で引っかかってしまうことが多い。では、どちらを選ぶか。アメリカ英語だ。習う機会が多いし、多分、使うチャンスも多いからである。

英語を、普通のスピードで聞けるように訓練しよう。そのコツは、何度も繰り返すように、リズムに乗って聞くことである。もちろん、日本語に翻訳してはいけない。英語のままで理解する。ここで問題なのは、アメリカ英語とイギリス英語は、リズムが非常に違うことだ。

毎時ニュースがあるし、ニュース解説なども実に充実している(週日の夕刻に放送している)。NPR(NationalPubicRadio)などをそのまましている。これは、軍の色のかかっていない教育番組そのものである。英語の勉強には最適だ。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

テレビなどの勉強に集中できない要因をなくす

記憶に刷り込むには、対象に注意を向ける必要がある。同じことが、すべての学習についていえる。対象に注意を集中しなければ、勉強したことにはならない。このために、余計な刺激をワーキング・メモリに入れないよう …

no image

注意欠陥多動性障害と記憶

「部屋を片っけられない人たち」の中に、おとなのADHDのケースがあったようです。障害だとわかるまでは、とくにおとなの患者は、「性格の問題だ」と、周囲から人格的な面で責められ、本人も自分を責めたようです …

no image

競馬の予想屋さん的発想の勉強

ある教授は、数学の公式をおぼえるのが中学時代から得意だったと言います。そのおぼえ方がユニークでした。 まず、今まで習った数学の知識を使って、「たぶん、こうすれば、この公式が導かれるであろう」と予想しな …

no image

親任せ、家任せにしていては子どもたちの学力差となって現れてしまう

親任せ、家任せにしているだけでは、それぞれの家庭の文化水準なり、言語の質が、そのまま子どもたちの学力差となって現れてきます。教師が意図的にたくさんの新しいことばや書きことばを使うように努めることや、抽 …

no image

本は重要な点は指摘できるが重要でないことは指摘しにくい

「あまり重要でないけれども、書いておかないと本として体裁がとれない」という事柄は、意外に多い。また、重要な点についても、十分に繰り返すことが難しい。例えば、「教科書を丸暗記せよ」といった。このアドバイ …