雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

英語塾の類が乱立しているのは

投稿日:

ある新聞に、英語の教官が「初めてアメリカに行って空港におりた途端に、自分の英語が全く役に立たないことを知って標然とした」と書いていた。標然とするのはこちらである。大学の英語教官の英語が役に立たないのだ(これは特殊ケースであるとは思うけれども)。

英語教官の英語ビジネスマンが英語を学ぶ目的は、仕事のためのコミュニケーションである。日本人は、大学教養課程を含めると八年間も英語を学習しながら、実際にはえない人が多い。英語塾の類が乱立しているのは、学校教育では不十分ということの証拠だ。それどころではない。

「学校英語は読み書き中心だから、会話が駄目」といっているのではない(実際、会話は内容があればできる)。そうではなく、英語教育のコンセプトが間違っているといいたい。残念ながら、受験英語と大学教養課程の英語でいかによい点をとっても、それで英語が使えることにはならない。それは、教えている内容が不適切だからである。

アメリカの大学院で英語の授業を聞いたとき

アメリカの大学院で英語の授業を聞いたとき、それまで教わらなかった表現が多用されるのを聞いて、非常に印象的に感じた、とある人は語る。例えば、“insuchawaythat”(のようにして)という表現がある。これは、複雑な内容を話すときに、大変便利である。日本の学校で、なぜこのような表現を教えてくれなかったのだろう。

大学の英語の授業では、専門分野の事項でなく、英文学を教えていることが多い。学生は、分数の読み方すらわからない。経済学部であれば、経済について英語で議論できるような訓練をしてくれないと困る。日本の英語教育体制は、本質的な見直しが必要だ。

inthesensethat.”(のような意味で)などthatを用いる表現は、議論の際に便利である。“Ithinkthat。(私はと考える)というのは、正しい英語ではないかもしれないけれども、多くの人が使っている。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

八割勉強法-とりあえず先に進め

勉強では、全体を把握している必要がある。八割できたら、つぎの仕事にかかる。基礎を八割理解したら応用に進む。八割原則は、別の意味でも原則と関わっている。一般に、「基礎を理解してから一歩一歩進め」という。 …

no image

分解法は日本語から離れずそれと英語を対応させようとしている

分解法は、あくまでも日本語から離れず、それと英語を対応させようとしている。しかし、英語と日本語は別の体系である。このため、一対一対応が成立しない。まず、単語のレベルにおいて、そうである。英単語が日本語 …

no image

小学生は家庭教育が大事

小学生の場合、家庭教育が大事だ。親の最大の役割は、子供の知的好奇心を育てることである。学校教師のレベルが低い場合、知的好奇心をはぐくんでやれるのは、家庭しかない。また、教えることによって学ぶということ …

no image

速読のコツは音読をしないこと

英語の場合、母国語であっても、速読のために特別の訓練をする必要がある。しかし、日本語ではキーワードが漢字(場合によってはカタカナ)で書いてあるので、それを追って読むことで、おおよその意味がわかる。特別 …

no image

英語独特の言い回しが日本人に分かりにくいことがある

日本人には、なかなか言い回しは思いつかないことがある。感覚は、沢山の文章を読むことによってしか獲得できないもの。また、iviedwalsというような表現を知っていると便利であるけれども、なかなか日本語 …