雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

英語を母国語としない人々とも英語を介してコミュニケーションができる

投稿日:

これまで英語でコミュニケーションができる人は、企業や官庁の中で「英語使い」、「国際派」などと呼ばれ、どちらかというと特別の人たちと見なされがちだった。しかし、これからは、普通の人にとって英語が必要になるはずである。

これまでも、外国語といえば、ほとんどの場合に、英語であった。これからも英語の時代は続くだろう。国際交流の増加に伴って、この傾向はもっと強まる可能性が高い。語ができないと、活動の範囲は著しく狭くなる。

英語を母国語としない人々とも、英語を介してコミュニケーションができる。スポーッ選手でも、芸能人でも、英語で会話ができれば、活躍の場は大きく広がる。また、重要な本であれば、ほとんどのものが英語に翻訳してある。だから、英語を読めれば、人類の知的遺産のほとんどすべてに接することができるのだ。

学者の場合、自分の専門分野について、英語で討論し論文を書くことは、だいぶ前から必須のことになっている。逆に、英語で意思疎通ができれば、世界は実に大きく広がる。英語は世界の共通語だからである。

英語を公用語として使う人口は約十億

英語を公用語として使う人口は約十億、外国語として使う人口は約七億であり、これらを含めれば、世界人口の半分近くが英語を使っていることになる)。日本では、ほとんどの文献や文学作品が自国語で読める。大学レベルの教科書や参考書も日本語だ。

旅行でも、英語で用事がたりるところは多い。アジアでも、中国と韓国以外は大丈夫だ(この点が中国語と異なるところである。母国語人口ということでいえば、英語人口は約三億なので、中国語人口のほうが多い。しかし、中国語は、ローカルな言語である。

英語学や、文法の講釈ではない。このためには、分解法では絶対に駄目だ。とくに話し言葉の場合には、即座に反応しなければならないから、「英文和訳」や「和文英訳」をやっていては、追いつけない。もし英語でしか読めないものが多ければ、必死で英語を勉強するだろう。日本人の英語が上達しない大きな理由は、ここにもある。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

顔を用いる記憶方法

ある記憶術の本では、顔を用いる記憶法をつぎのように説明していた。まず、「頭でタバコを消す」「目に塩水が入る」「ラジオに噛み付いて口のなかでラジオが鳴っている」ところをそれぞれ想像せよという。 「頭でタ …

no image

数字間の関係を体系的に把握しておけばよい

いくつかの基本的な数字さえ覚えておけば、あとはほぼ見当がつく。税収を例にとって、これを説明しよう。まず、基礎的な数字として、日本のGDP(国内総生産)は、五百兆円程度であることを覚えておく。ところで、 …

no image

英語の教科書を丸暗記することの高い効果

英語の「文中で空欄にしてある前置詞を埋めよ」という問題はありうる。これらを、単数、複数のどちらで書くべきか?そして冠詞をどうつけるか?このような問題は、かなり難しい。とくに、単・複と冠詞の選択は、かな …

no image

試験の採点は複数の採点官が行なう場合が多いが

試験の採点は、複数の採点官が行なう場合が多い。一人で採点する場合も、チェック・ポイントを設ける。このような基準を設けておかないと、採点が進むにしたがって基準が動いてしまう危険があるからである。だから、 …

no image

小学生に計算練習をさせよう

計算ぐらい少し遅くても、どうっていうことはないものといった気持ちをおとなが持つと、子どもにすぐ反映します。計算練習にも粘りと真剣味が足らなくなりますし、他の勉強全体にも、そんな態度で接するようになりま …