雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

英語を母国語としない人々とも英語を介してコミュニケーションができる

投稿日:

これまで英語でコミュニケーションができる人は、企業や官庁の中で「英語使い」、「国際派」などと呼ばれ、どちらかというと特別の人たちと見なされがちだった。しかし、これからは、普通の人にとって英語が必要になるはずである。

これまでも、外国語といえば、ほとんどの場合に、英語であった。これからも英語の時代は続くだろう。国際交流の増加に伴って、この傾向はもっと強まる可能性が高い。語ができないと、活動の範囲は著しく狭くなる。

英語を母国語としない人々とも、英語を介してコミュニケーションができる。スポーッ選手でも、芸能人でも、英語で会話ができれば、活躍の場は大きく広がる。また、重要な本であれば、ほとんどのものが英語に翻訳してある。だから、英語を読めれば、人類の知的遺産のほとんどすべてに接することができるのだ。

学者の場合、自分の専門分野について、英語で討論し論文を書くことは、だいぶ前から必須のことになっている。逆に、英語で意思疎通ができれば、世界は実に大きく広がる。英語は世界の共通語だからである。

英語を公用語として使う人口は約十億

英語を公用語として使う人口は約十億、外国語として使う人口は約七億であり、これらを含めれば、世界人口の半分近くが英語を使っていることになる)。日本では、ほとんどの文献や文学作品が自国語で読める。大学レベルの教科書や参考書も日本語だ。

旅行でも、英語で用事がたりるところは多い。アジアでも、中国と韓国以外は大丈夫だ(この点が中国語と異なるところである。母国語人口ということでいえば、英語人口は約三億なので、中国語人口のほうが多い。しかし、中国語は、ローカルな言語である。

英語学や、文法の講釈ではない。このためには、分解法では絶対に駄目だ。とくに話し言葉の場合には、即座に反応しなければならないから、「英文和訳」や「和文英訳」をやっていては、追いつけない。もし英語でしか読めないものが多ければ、必死で英語を勉強するだろう。日本人の英語が上達しない大きな理由は、ここにもある。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

高学年では算数の時間が週一時間減っています

よくわからぬ子は、置いてけぼりとなります。立ち止まってゆっくり教えてやるいとまはなくなります。いま、「ゆとりの時間」なるものは、上のユートーリやらされる時間に多くはなっています。子どものために早急に取 …

no image

本は各章を独立して読めるような構成になっていることが多い

本は、各章を独立して読めるような構成になっていることが多い。章が互いに関連しつつ有機的な構造を作ることは、あまりない。つまり、長文における「構造」がそのまま相似的に拡大して本の構造となることはない(た …

no image

もっとも大切なところは何かを常に意識した勉強をしましょう

勉強は、問題(赤色)問題提起をしているところはどこかをまず見つけること。解答(青色)その問題に対する解答はどこにあるのかを見つけること。理由(ピンク色)なぜ、そういう解答が出たのか、その理由はどこにあ …

no image

数字間の関係を体系的に把握しておけばよい

いくつかの基本的な数字さえ覚えておけば、あとはほぼ見当がつく。税収を例にとって、これを説明しよう。まず、基礎的な数字として、日本のGDP(国内総生産)は、五百兆円程度であることを覚えておく。ところで、 …

no image

全体像を把握する勉強法

効果的な勉強法は、最初に鳥獣図を得る。これが、勉強法の原則。目の前にあらわれる対象との関係で把握している人もいる(例えば、銀行の角を右に曲がり、つぎの信号を左に曲がるというように)。道を歩いたりドライ …