雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

第二外国語を勉強しておくと東大の受験には有利である

投稿日:

その当時、翻訳がなかった、と語るある人。そこで、丸善でペンギン文庫を買ってきて、苦心惨憶して読んだ。よく理解できないところが多かった。しかし、とにかく英語の本を読んだということは、大きな自信になった。「牛に引かれて善光寺参り」をやったわけである。

入試の長文読解で知らない単語を見ると、「駄目だ」と思ってしまう受験生が多いのではなかろうか。しかし、わからない部分があっても、全体の大意は把握できる場合が多いのである。こうした技術をマスターするには、実際に英語の本を読むのがよい。そして、英語を読んでいるということを忘れるような経験をするのがよい。この場合の絶対必要条件は、「読みたくてたまらない」本を読むことである。「牛に引かれる」からこそ歩くのだ。

実は、興味のある英語の本をどんどん読むというのは、受験にとってもかな演用だ。意味のわからない単語や文章があっても、とにかく読み進む。面白い本なら、先が読みたいから、自然にそうした読み方になるだろう。これは、長文読解に必要な技術である。

第二外国語を勉強しておくと

第二外国語をとると、非常に有利になる。なぜか?それは、時間がかからないからである。第二外国語として出題されている問題は、かなりやさしい。しかも、短い。だから、あっという間にできる。これに対して、英語の第四、五題は、かなり難しく、しかも長文の問題である。したがって、時間がかかる。

第二外国語を勉強しておくと、東大の受験には有利である。「英語で手一杯なのに、第二外国語など、とても手が回らない」と多くの受験生は考えるだろう。しかし、これは間違いだ。東大の場合、英語の第四、五題を第二外国語にかえることができる。

受験は時間との競争だから、「すぐできる」というのは、大変な利点なのである。浮いた時間を、他の問題にあてればよい。しかも、第二外国語を選ぶかどうかは、試験場で問題を見てから決定すればよい。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

マイナス思考の原因にある自己否定と他者否定と全面否定

マイナス思考とは、否定的思考(否定思考)のことをいいます。否定思考には三通りあります。「自己否定」と「他者否定」「全面否定」です。自己否定は、文字通り自分を否定します。 他者否定は、他人を否定すること …

no image

忙しい、少ししか勉強できないという方はまず目次全体を読んでから

勉強は、理想をいうなら、四〜五時間の勉強が毎日できれば、それにこしたことはありません。しかし現実はそう甘くありません。人づき合い、残業、デートなどがあります。また、今日は体調が悪いとか、やる気が起きな …

no image

人生が良くなるための暗示

私は二〇代前半の頃、自律神経失調症になり、死んだ青春を送っていました、と語るある人。私は、中学一年の時の知能指数は一三六。いわば天才的脳力をもっていたのでした。ところが、落ち込んでいた当時の知能指数は …

no image

国語は勉強が難しい科目であるが

谷崎潤一郎は、つぎのように述べている。(最近の文章は)「叙述を理詰めに運ぼうとする結果、センテンスとセンテンスの間が意味の上で繋がっていないと承知ができない」ため、「しかし」「そうして」「そのために」 …

no image

長子が学力が高いという特徴

外界からのいろんな刺激は、子どもの知的好奇心の発現を促し、思考を活発にさせます。長子の場合は、各地各所へ連れて行ってもらう過程で、「あれなに?」「どうして、そうなの」と、ところかまわず質問を親に浴びせ …