雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

ヒアリング-聞き取りのコツ

投稿日:

主要な大学の英語の入試で、ヒアリングが課されるようになった。これは、大変よい傾向である(なお、ヒアリングというのは和製英語であり、正しくは、isteningcomprehensionである。入学試験では、「聞き取り」といっている。

現在の日本では、英語を聞くチャンスはいくらでもある。そのための装置をもっている学校も多い。ラジオやテレビの会話番組でもよい。テープも多数販売されている。これらを用いて正確な英語を聴く訓練をすればよいだろう。

聞き取りのコツは、英語のリズムを正しく捉えることだ。文章中のアクセント(単語中のでなく)がどこにくるかに注意しよう。重要な部分は、ゆっくり強く発音する。そこを注意して聞けばよい。入学試験の聞き取りで出題される英語は、内容も文章の構造もかなりやさしく、かつ正確であり、しかも通常話すよりはゆっくりしている。したがって、聞き取りのために特別の訓はいらないという。

手の運動でスペルを覚えているので

手の運動でスペルを覚えているので、「アルファベットで綴りをいえ」といわれても、いえない。書かないと駄目だ。しかし、スペルは書くときに必要なので、ソラでいえなくても、問題はない。なお、ワープロが発達して、スペルチェックが非常に簡単になったので、あまり使わない言葉のスペルを覚える必要はなくなった。

難しいスペルを覚えるというのは、受験の特殊事情になりつつある。本来は、ワープロ時代に応じて試験問題のほうを直すべきだと思う。ワープロ時代には、英語のスペルは、キーの打ち方として手で覚える必要がある。だから、もしテストをするなら、キーボードをたたかせてみるべきだ。

綴りは、何度も書くことによって、手の運動として覚える。アルファベットに分解して覚えようとしても、できない。理屈で覚えようとしても、理屈がない(とくに英語の綴りは、あまり規則的でない)。また、複雑で長い単語は、とてもアルファベットでは覚えられない。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

ルールに反する典型的な悪文例

ルールに反する典型的な悪文例は、日本国憲法の前文だ。このルールから、つぎの重要なアドバイスが、系として導かれる。それは、「が」を使わないことだ。つぎの例を見よう。a「彼は頭がよいが、受験に失敗した」b …

no image

子どもに計算トレーニングをさせよう

子供にマラソン計算に挑戦させると、効果があります。二か月もやれば、一分そこそこでやり切れるまでになります。毎日、時間は計るのです。子どもが計って、それをグラフに記入させていくのです。一直線的には早くは …

no image

勉強は雑音があっても集中できるならどこでもできる

あなたが勉強できる場所は勉強部屋以外にもたくさんある。誰かの話し声がしていても、ほかに物音があると、気になるはずの話し声が雑音に混じってしまう。人込みの中では、他人の話し声はただの雑音、になり、耳に入 …

no image

教育制度が自ら進んで改革すべき面は多い

今後、二十代後半から三十代を対象とした「卒業後教育」のための機関を作る必要性が増すだろう。多くの大学が、このような試みに着手しようとしている。ゆくゆくは、いつになっても「やり直し」ができるような体制を …

no image

本の速読の訓練のやり方のポイント

本の読み方には四通りがあります。 速読。情報収集するための読み方です。試験直前に勉強したところをサッと読み返したり、会社の資料に目を通すような読み方をいいます。 瞬読。瞬間的にパッパッと一ページまるご …