雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

学術用語には日本語ではかえってわかりにくいものがある

投稿日:

単語の意味は、分解してわかるときがある。例えば、preposterous(馬鹿げた)という単語は、pre(前)post(後ろ)ous(形容詞を作るための接尾辞。「が豊かにある」の意)と分解すれば、「前にあるものがうしろに来てしまう=馬鹿馬鹿しい」とわかる。

学術用語には、日本語ではかえってわかりにくいものがある。例えば、「最大法」といわれても、何のことかわからない。“maximunikeihoodnethod”のほうがずっとわかりやすい。分解法がまったく役に立たないといているのではない。あるいは、文法を勉強しなくてよいといっているのでもない。文法は、ある程度英語を勉強したあとなら、系統的に理解し整理するために、非常に有効だ。例えば、前置詞の使い方は前述のように難しい。しかし、その使い方には規則があるから、それを覚えれば、正確に使える。

英語には、ラテン語やギリシャ語から来ている接頭辞、接尾辞が多いので、難しい単語の多くは、分解して意味がわかる。さらに、発音が規則的にわかるときもある。とくに、「母音+子音+eと続く場合、母音はアルファベットの発音どおりになる」というルールは、非常に規則的だから、覚えておくとよい。

英語に慣れてからルールを勉強すれば

英語に慣れてからルールを勉強すれば、「発見の喜び」もある。それまでバラバラに覚えていたことが統一的な法則で説明されると、快感を覚える。分解法「だけ」では駄目だということである。文法のルールを勉強する際、例文となるものがすでに頭の中になければならない。最初から文法と発音だけをやるから、興味を失うのである。

分析的なアプローチでさまざまなことがわかる。実際、外国語を学ぶプロセスは自国語を学ぶそれとは本質的に違うのだから、文法などのルールは最大限に活用すべきだ。とりわけ、英語はかなり論理的だから、ある程度勉強したあとなら、構文を解析して読むのは、効率的だ。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

小学生は家庭教育が大事

小学生の場合、家庭教育が大事だ。親の最大の役割は、子供の知的好奇心を育てることである。学校教師のレベルが低い場合、知的好奇心をはぐくんでやれるのは、家庭しかない。また、教えることによって学ぶということ …

no image

休息には積極的なものと消極的なものがある

テレビを見るとはなしに見ていたり、無念無想で空を眺めていたりする頭の中が空っぽな状態が受動的休息。これをリラックスといいます。以上のような方法を心がければ、脳は回復していきます。車でいうと、ギアを入れ …

no image

集中力と記憶力のすごさ

集中力と記憶力のすごさは、幼児期の病気のせいで知能的にやや劣る面があるとは信じられない。ある辞典を編纂した学者が、学習意欲を継続させるコツとして、自分に課した約束事があると言っているのを聞きました。そ …

no image

数学は難しい分野なのか?

数学は他の科目に比べて難しい学科なのだろうか?問題の大部分は、数学の学習法にある。とくに、「基礎が重要。基礎から順に理解しつつ先に進め。わからなくなったら基礎に戻れ」という考えが問題だ。このために、多 …

no image

子どもの発達に遊びは必要不可欠

遊びは、子どもの発達にとって、不可欠の糧です。絶対に軽視してはなりません。心身ともすこやかな子は、すべてうんと遊んで育った子です。そして、いまも、よく遊んでいる子です。日に二時間の遊びは欠かしてはなり …