雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

英語を分解するな、全体として把握せよ

投稿日:

英語を分解するな。全体として把握せよ。基礎にこだわっては進めない「正確な発音が重要だ。最初に妙な癖をつけるとあとで直らないから、基礎をしっかりすべし」という英語教師が多い。しかし、例えばrとIの区別は、日本人には非常に難しい。いくら練習しても、その音だけでは聞き分けられない。これを正しく習得することは大変重要であるけれども、これだけにこだわっていては、いつになっても英語は話せない。

逐語訳を要求するのは、英語と日本語の一対一対応を強制することになるから、望ましくない。本当は、日本語に置き換える問題でなく、文意を理解したかどうかを見る問題が欲しい。仮に和訳を求めるにしても、直訳と意訳の差があまりないような問題を出して欲しい。

他にやることが沢山ある。流れるように正確にしゃべれなくとも、日本式発音で十分なのである。学者には、発音が非常に悪くても、コミュニケーションを立派に行なっている人が多い。会話の場合、本当に必要なのは、言葉そのものというよりは、内容なのである。内容さえしっかりしていれば、伝わる。

英語の細胞を作れといった

英語細胞で考える高校時代の英語担当の先生は、「英語の細胞を作れ」といった。脳細胞の中の「英語細胞」で英語を読み、考えなくてはいけないというのである。これは、もしかすると、単なる比喩ではないのかもしれない。英語を扱う脳細胞は、日本語細胞とは別のものかもしれない。

税の専門家同士の話は専門用語の連続でさっぱりわからないと、ある通訳がいっていた。「基礎が重要」というのは、多分正しい。しかし、基礎ばかりやっていては進歩がない。「基礎をしっかりマスターしてからでないと進めない」という考えは、疑問に思う。これは勉強法の原則である。英語細胞を生かしておくためには、つねに英語を使っている必要がある。そうしないと、英語細胞が窒息して、死んでしまう。また、英語のリズムに乗れなくなるのである。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

勉強に対するやる気を出す方法

どうしても勉強に対するやる気が起きないときもあるだろう。勉強のやる気を起こしたかったら、まずはその勉強を「好き」になるのがいちばんである。「やる気」と「好き嫌い」がいかに密接に関係しているかは、科学的 …

no image

あれこれ心配するより、まず勉強しよう

実際に起こってしまった問題やトラブルは、いかんともしがたい。しかし、将来の不確実なことをただ心配したり、細かいことをくよくよ考えるのは、やめにしよう。「入試に落ちたらどうしよう」と心配するより、勉強そ …

no image

自己統御の働きは内言を自在に扱える素地をつくりあげていく

言語の機能の一つ、自己統御の働き。内言を自在に扱える素地をつくりあげていきます。表面だけを見ていると、写し書きなどやらせていても、ちっとも思考力はつかないし、学力も伸びないと思いがちです。しかし、写し …

no image

覚えていても思い出せない人は非常に多くのことを記憶している

覚えていても思い出せない人間は、非常に多くのことを記憶しているのだそう。それどころか、脳の記憶容量は、使えば使うほど大きくなるという。問題は、検索にある。記憶すること自体は簡単であっても、引き出せない …

no image

受験勉強で国語は大切

受験勉強で国語は大切。漢字を覚えるよりも、読解力と表現力を習得する。興昧ある対象で速読の練習速読の練習も必要だ。速く読む技術を習得するには、多くのものを読むしかない。興味のある本や好きな本を、手当たり …