雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

英語を分解するな、全体として把握せよ

投稿日:

英語を分解するな。全体として把握せよ。基礎にこだわっては進めない「正確な発音が重要だ。最初に妙な癖をつけるとあとで直らないから、基礎をしっかりすべし」という英語教師が多い。しかし、例えばrとIの区別は、日本人には非常に難しい。いくら練習しても、その音だけでは聞き分けられない。これを正しく習得することは大変重要であるけれども、これだけにこだわっていては、いつになっても英語は話せない。

逐語訳を要求するのは、英語と日本語の一対一対応を強制することになるから、望ましくない。本当は、日本語に置き換える問題でなく、文意を理解したかどうかを見る問題が欲しい。仮に和訳を求めるにしても、直訳と意訳の差があまりないような問題を出して欲しい。

他にやることが沢山ある。流れるように正確にしゃべれなくとも、日本式発音で十分なのである。学者には、発音が非常に悪くても、コミュニケーションを立派に行なっている人が多い。会話の場合、本当に必要なのは、言葉そのものというよりは、内容なのである。内容さえしっかりしていれば、伝わる。

英語の細胞を作れといった

英語細胞で考える高校時代の英語担当の先生は、「英語の細胞を作れ」といった。脳細胞の中の「英語細胞」で英語を読み、考えなくてはいけないというのである。これは、もしかすると、単なる比喩ではないのかもしれない。英語を扱う脳細胞は、日本語細胞とは別のものかもしれない。

税の専門家同士の話は専門用語の連続でさっぱりわからないと、ある通訳がいっていた。「基礎が重要」というのは、多分正しい。しかし、基礎ばかりやっていては進歩がない。「基礎をしっかりマスターしてからでないと進めない」という考えは、疑問に思う。これは勉強法の原則である。英語細胞を生かしておくためには、つねに英語を使っている必要がある。そうしないと、英語細胞が窒息して、死んでしまう。また、英語のリズムに乗れなくなるのである。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

テレビに釘付けになってたら学力として定着はしません

一週間、何も復習しないでおれば、ほとんど忘れてしまいます。覚えていても、うろ覚えになっています。その日、学校で習ってきたことは、寝るまでに必ず再生的に復習しなければ、たしかな学力として身についたものと …

no image

テレビが学習に障害を与える危険性

アメリカの教育心理学者ジョン・ハーリーは、テレビが脳の機能と学習能力に悪影響を与える危険性を指摘している。注意を向ける能力、問題に積極的に取り組む能力、理解しながら読む能力などが、テレビによって脅かさ …

no image

序論、本論、結論の三部構成

序論、本論、結論の三部構成とすることを勧めたい。各部を、一八一程度の比重にする(全体が長いほど本論の比率が高くなる)。短文(第二レベルの文章)を書く場合にもっとも重要な注意は、論点を一つに絞ることであ …

no image

本が子供に与える影響

本には、親や教師から深く聞けなかったことがらや、日常教えてもらえない知識がたくさんのせてあります。親の考えとは、その発想も論理もまったく異質の知見も書かれています。教師の語ってくれないさまざまな歴史や …

no image

読む技術は対象がルールに従っていることを前提としている

「読む技術」は、対象がルールに従っていることを前提としている。「最初に問題提起が、最後に結論が書いてあるはずだ」「一つの細胞内に相反する内容は含まれていないはずだ」「本論の構造は、正しく配列されている …