雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

中学の英語がつまらないと思ってしまうのは何故?

投稿日:

言葉を覚えるなら、内容に興味を引かれるもののほうがずっと楽しい。言葉の響きに生理的な快感を覚えるときもある。高校生のときドイツ語を勉強していた、と語るある人。それは、何とかしてへッセを原文で読みたいと思ったからである。学び始めてからは、その音楽的な響きに魅せられた。

分解法の問題点は、面白くないことだ。無味乾燥で、少しも興味がわかない。単語の暗記が退屈なことは皆さんも同じことを感じていることだろう。文法も、つまらないし、覚えにくい。分解法は、勉強法の第一原則に反している。

副読本で読んだ短編小説『詩人』(ミミ)は、いまでもほぼ全文を暗唱できる。東大大学院の学生だったドイツ語の先生が、レコードでへッセ本人の朗読を聞かせてくれた。sが清音となる南ドイツ特有の発音を、ゾクゾクする思いで聞いた。外国語の学習というのは、このように素晴らしいものだと思う。それをなぜ、分解法でっまらなくしてしまうのであろう、と語っている。

一対一思考から抜け出していない

中学のある生徒は、「日本語のはにあたる言葉は、英語では何なのか」と質問していた。これは、一対一思考から抜け出していない証拠である。先生がそう教えているのだから、このような質問が飛び出しても、不思議はない。そして、この発想から抜け出せないと、英語の学習は非常に能率の悪いものになってしまう。

「英語と日本語を一対一に対応させることはできない」という事実は、最初に外国語を学び始めた中学生には、わからない。要領のよい学生は、いずれそのことに気づくだろう。しかし、要領の悪い学生は、いつになっても気づかない。

日本語と英語は違う体系であり、一対一に対応しない。英語は日本語とは別の言葉である。個々の単語を日本語に対応して置き換えることはできない。これを教えるのは、中学校の英語教師の大きな責任だと思う。しかし、教室での教え方は、逆である場合が多い。中学の教育だけではない。大学入試でも、英文和訳を要求している。これは、問題である。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

雑念を取り払うとっておきの方法

たとえば「プラス思考が大切」と言われ、マイナス思考であった自分を反省して、プラス思考をしようとします。ここまではいいのです。しかし、このあと、「プラス思考にしなければならない」とか「あ、またマイナスに …

no image

目的意識の持ち方

あいまいな答えを具体的にしていくため、同じ質問にくり返し答えることにより、その答えが自己暗示語となる。そのくり返しは、潜在意識に強烈にインプットさせることができる。潜在意識にインプットした言葉は、具体 …

no image

自由な雰囲気の家庭と抑圧的な家庭での子供の知的好奇心の差

一般的に学力の高い子は、その両親から暴力をふるわれたり、せっかんを加えられたりの恐怖とはまず無縁な環境の中で生育してきています。わんぱくや、どたばた騒ぎも、他人の迷惑にならないかぎり大目に見てもらえる …

no image

子どもの発達に遊びは必要不可欠

遊びは、子どもの発達にとって、不可欠の糧です。絶対に軽視してはなりません。心身ともすこやかな子は、すべてうんと遊んで育った子です。そして、いまも、よく遊んでいる子です。日に二時間の遊びは欠かしてはなり …

no image

あなたが興味をもつデータについて記憶する

日本の人口は約一・二億人であることを覚えよう。六割の世帯が六年周期で新車を買うとすれば、自動車の国内年間販売台数は四百万台程度だろう(一九九四年では、四百二十一万台)。平均世帯員数が約三人であることを …