雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

英語独特の言い回しが日本人に分かりにくいことがある

投稿日:

日本人には、なかなか言い回しは思いつかないことがある。感覚は、沢山の文章を読むことによってしか獲得できないもの。また、iviedwalsというような表現を知っていると便利であるけれども、なかなか日本語からは思いつかない。もっとも、受験英語では、こうしたことはあまり重要でないかもしれない。

外国の一定地域を旅行するときに、水に気をつける必要がある。ある地域では、生水を飲むと間違いなく下病をする。東南アジアを旅行したときのこと、ホテルの部屋に水差しがおいてあったので、「この水は飲めるか?」“CanIdrinkthiswaters”と聞いた。答えは、yesだったので飲んだところ、ひどい下病に見舞われた、と語るある人。

この問いは、誤解されたのである。ホテルのボーイは、多分、「水を飲むことは禁止されていない」という意味でyesと答えたのであろう。あるいは、彼らにとっては十分飲める水だからyesと答えたのだろう。私は、「この水は煮沸されているか」と聞かなければならなかったのだ。

冠詞を間違えていると

冠詞を間違えていると、正式な博士論文とはみなされない。書く英語では、冠詞は決して「二割」ではない。前置詞も難しい。迷ったときは、必ず辞書を引く必要がある。しかし、そもそも迷うためには、ある程度の英語感覚が必要だ。感覚は、分解法では身につかない。できるだけ多くの文章を丸暗記するしか方法はないのである。

実生活では、「英語的な表現」ができなくとも、通じさえすればよいと思われるだろう。しかし、「日本語的な表現」は、通じないこともあるのだ。

厄介なことに、「英語的な表現」とは、論理的に正しい表現であるとは限らない。とくに口語の場合には、奇妙な表現が多い。例えば、他人のコップに湯を注ぐとき、それへの答えだ。日本語では、「ハイ、そこ!」という。だから、“There”といいたくなる。ところが、英語では何と、“When”と答えるのである。問いを「Whenを言え」と解釈しての答えであろうけれども、実に奇妙だ。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

集中力と記憶力のすごさ

集中力と記憶力のすごさは、幼児期の病気のせいで知能的にやや劣る面があるとは信じられない。ある辞典を編纂した学者が、学習意欲を継続させるコツとして、自分に課した約束事があると言っているのを聞きました。そ …

no image

子供にあたえる砂糖による害

学校での教師を囲んでの座談会で、きまって出されるのが、子どもの勉強のしぶりの頼りなさです。仕事を言いつけてもさっとしてくれないし、勉強へのとりかかりがぐずぐずしていて、そはで見ているといらいらするとい …

no image

勉強法として教科書の暗記がおすすめな理由

記憶は「引き出し方」が重要である。ある先生が教科書の丸暗記法を始めたきっかけは、中学生の時に、学校の代表として英語のスピーチ・コンテストに出たことだった。草稿を最初から最後まで丸暗記しなければならなか …

no image

専門的なトレーニングなしで速読力をつける方法

専門的なトレーニングなしで速読力をつける方法は、次の通りです。 ・小説は短編集を利用する 短編集は一冊に五~六編ぐらいの作品が載っています。各編は約四ページぐらいです。仮に四ページだとすると、その数字 …

no image

勉強をやり続ける

やる気が生まれても、勉強をつづけてやっていく根気が、まだひどく弱い。体力も、気力も頼りないまま。姿勢を崩さずに勉強していくための静筋が、いたって未発達。ちょうどハイハイしている赤ちゃんが、やっとつかま …