雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

英語の勉強の単語の分解の限界

投稿日:

演説やニュースなどの正確な英語であっても、個々の単語を別々に発音しているわけではない。口語だと、もっと激しい。“Iangoingto”は、「アムゴナ」と発音する。これでひとまとまりなのであって、これ以上には分解できない。

thereareは、せいぜいザラとしか聞こえない。普通は、何をいっているかわからない。「ゼアアー」と発音されたら、馬鹿にされたような気分になる。この点で、英語と日本語はかなり違う。重要でないところは、いくつかの単語をまとめて発音しているから、いくら「ゆっくりしやべってください」といわれても、ネイティブ・スピーカーは、個々の単語を別々に発音はしない。

「アイワナ」(Lvantto)もそう。”Getoutofhere”(「出て行け」)は、「ゲラウラヒア」としか聞こえない。

アメリカ人に聞くと、論理的に答えるのではない。何度か口ずさんで、「こちらだ」という。ちょうど、日本人がテニラハについていうのと同じである。その感覚を養うには、多くの文章を丸暗記するしかない。分解法では駄目である。

冠詞や前置詞の使い方は難しい

冠詞や前置詞の使い方は難しい。日本人にとって一番難しいのは、多分この二つだろう。ある先生は、大学で博士論文を書いていたとき、指導教官に「内容はよいけれども、英語がおかしい。とくに冠詞の使い方がおかしい」といわれたという。この判断は、理屈ではできない。また、辞書を引いてもよくわからない。

ケネディ大統領の演説について、「universityを単複どちらでいうか?冠詞は何か?」という問題。この答えがなぜ例文のようでなければならないのか、説明できる人は少ないだろう。「特定の既知のものはthe、不特定の未知のものはa」というルールでは必ずしも説明できない。

実際、すべて定冠詞なしの複数形が適切なように思える。いったん単複・冠詞の使い方が気になって書いたものを直し始めると、そればかり気になって、内谷どころではなくなってしまう。しかも、正解がわからないので、いつまでも修正が続くのである

-教育

執筆者:

関連記事

no image

試験前に集中力を落とさないために生活リズムを立て直しておく

自分でつくった問題を、どう使いこなすか。問題は、紙に書いてもかまいませんが、パソコンにどんどん入力していくのがよいでしよう。そして、パソコン画面を見ながら、一問三秒以内で即答するようにトレーニングしま …

no image

歴史に興味を持つようにするにはどうすればいいのか

大昔の事件を歴史で学んでも、興味をそそられない。地名や人名、そして年代や王朝名を無理やり覚えなければならないのは、苦痛だ。勉強する対象に興味を持とう。ぼんやり講義を聞いたり、漫然と本を読んでいるだけで …

no image

アメリカ英語に慣れるとイギリス英語は聞き取りにくくなる

相手が英語を理解しなくても、英語でしゃべればよい。場合によっては、日本語でしゃべってもよいのである。数字だけ書いて示せばよい。しかし、レンタカーでドライブする場合に限っては、それとはレベルの違う会話能 …

no image

数学は習う順番よりいま習っているところに着地すればよいだけ

数学の勉強は、「いま習っているところ」に着地すればよい。いまのところがわかれば、前にわからなかったところがわかる。高校生であっても、大学教養課程の数学までやってしまえばよい。大学の数学から眺めれば、高 …

no image

本を読む子と読まない子との違い

低学力の子は、活字ぎらい、本ぎらいの子が圧倒的です。本を読めといわれることは、何よりも苦痛だと異口同音に訴えます。一刻もじっとしておれないほど、体は動き回りたいのです。それをこらえ、窮屈ないすに腰かけ …