雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

分解法は日本語から離れずそれと英語を対応させようとしている

投稿日:

分解法は、あくまでも日本語から離れず、それと英語を対応させようとしている。しかし、英語と日本語は別の体系である。このため、一対一対応が成立しない。まず、単語のレベルにおいて、そうである。英単語が日本語の単語に一対一に対応するわけではない。

例えば、nakeを「作る」と覚えたとしよう。しかし、makeには、この他にもいろいろの意味がある。「引き起こす」という意味もあるし、「行なう」という意味もある。また、目的補語を伴って「…にする」という意味になるし、toのない不定詞を伴って「させる」という意味にもなる。

微妙に意味が違う用語から適切なものを選択するのは、難しい。決して機械的にはできない。論理的、分析的に判断できないこともある。多くの場合、多数の用例から帰納的に導くしかない(それは、日本語でも同じである。

「丸暗記法」は、記憶のこのようなメカニズムを用いて、単語を文章の中に位置づけて覚えようとする。試験の直前などで時間がないときでも、できるだけ文脈のなかに位置づけて覚えるべきだ。最低限、一つ以上の単語を組みあわせて覚える必要がある。

聞き取れない日本人は

単語は関連付けないと覚えにくい孤立した個々の単語は覚えにくいけれども、英語の文脈のなかで他の部分と関連付ければ、覚えやすくなる。学生時代に知らなかった単語がある。覚えようとしてもどうしても覚えられない「鬼門のことば」というものがあるものだ。例えば、resientという言葉をどうしても覚えられなかった(「柔軟な」とか「弾力性のある」という意味)。

聞き取れない日本人は、英語を聞くのが苦手だ。その原因は、よく指摘されるように、英語のリズムを把握していないからである。そうなる原因は、分解法にある。分解法では、すべての単語を同じような比重で把握する。

教室で教科書を朗読するとき、すべての単語を同じ強さで発音し、平板に読む。しかし、実際の英語は、そうではない。強調したい部分を強く発音する。そうでない部分は、弱く発音し、多くの場合にいくつかの単語をまとめて発音する。これが英語のリズムである。これがわからないと、いくらゆっくり話されても聞き取れない。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

記憶の中枢は脳の海馬にあるといわれています

人間は、「忘れるという能力」をもっていて、自動的に忘却をするようになっている。ですから、忘れてしまうことについて自分を責めないことです。忘却恐怖に陥ったり忘れる自分を嫌ったり、自信をなくしたりしないよ …

no image

ある女性の資格試験の合格体験記

ある女性を、たった一か月足らずの勉強で資格試験に合格させることができるか。ある先生の話。ところが、時間のないことが逆に幸いした。一年後とか半年後に試験を受けるとかいうことで時間に余裕があれば、彼女に記 …

no image

自信こそ自主性の源泉

子どもは、待っている。自信こそ自主性の源泉です。自信なきところに、自主性は生まれません。自らの能力に対する信頼と誇りは、自己教育運動の原動力。自分はあほだと思いこんでいる間は、自分を高めようなどとは決 …

no image

整理されたものは記憶しやすい

人間は、パッと文字を見た時、最高七文字までは読みとることができます。その速さは、・二秒〜・三秒です。このことから、一分間で最大一字の速読が可能となります。この「分速二一字」は、速読教室の目標でもありま …

no image

小学生の子供が勉強にやる気を出すには?

子供が勉強する時、それは「親がそば近くにいてくれて、やさしくしてくれるとき」。何かが貰えるとか、褒められたとか、命令されたとかいうときより、はるかに勉強がしたくなるとのこと。もっと勉強をやれと、つい大 …