雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

学校の英語教育と丸暗記法はかなり違う

投稿日:

丸暗記法は、学校の英語教育の方法とは、かなり違う。学校の授業を思い出してみよう。それは、つぎのようになされたはずだ。疑問形は、be動詞の場合にはVSCの順になることなどを習う。応用は、bookをpenに変えればよい、などと習う。他の文型(SVO、SVOCなど)を習う。詞構文、複文節、仮定法など、もっと複雑な構文を習う。この方法を「分解法」ということにしよう。私が1で提唱した「丸暗記法」は、これとは本質的に異なる。

例えば、“Thisisabook”という文章があるとしよう。1まず、この文章を四つの単語に分解する。2This=これ、is=である、a=一つの、book=本、と一対一に対応付ける。そして、個々の単語の意味を覚える。次に、英語では、主語(S)、述語(V)、補語(C)の順に並ぶという「文法の規則」を習う。

“Thisisabook”を一塊りのメッセージとして、そのまま受け入れるのである。日本語に置き換えることは一切しない。その代わりに、人が本を指さしている姿を想像することにする。つまり、英語のメッセージに対応させるのは、行為のイメージ(あるいは、概念、主張、感情など)である。また、文章も孤立的に覚えるのではなく、長いコンテクスト(文脈)の中で位置づける。

シュリーマン

「私は、それが文法書に記入してあるか否かは知らないにしても、どのような文法の規則も知っている。そして誰かが私のギリシャ語の文章の誤りを発見するとしても、私はいつでもその表現方法が正確である証拠を、私が使った言いまわしの出所を古典作家から人に暗唱してみせることによって、示すことができる」という彼の言明ほど、「丸暗記法」の真髄を明らかにしたものはない。

シュリーマンは子供の時から、「いつかはギリシャ語を学ぶことが許される幸福をわれに与えたまえ」と神に祈っていた。古代ギリシャ語は、3カ月でホメロスを読めるまでになった。「学校でとられている方法はまったく誤っている」と彼はいう。「ギリシャ語文法の基礎的知識は、ただ実地によってのみ、すなわち古典散文を注意して読むこと、そのうちから範例を暗記することによってのみ、わがものとすることができる」。だから、「貴重な時間の一瞬も文法上の規則の勉強のためについやさなかった」と言った。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

脳内麻薬を出すと勉強がはかどる

勉強は、通常では苦痛をともなう行為です。しかし、そこに「楽しさ」を加えれば、勉強は、やめられない快楽になります。では、どうしたら勉強に「楽しさ」を加えることができるのでしょう。 小さな達成感をたくさん …

no image

忙しい、少ししか勉強できないという方はまず目次全体を読んでから

勉強は、理想をいうなら、四〜五時間の勉強が毎日できれば、それにこしたことはありません。しかし現実はそう甘くありません。人づき合い、残業、デートなどがあります。また、今日は体調が悪いとか、やる気が起きな …

no image

集中力の強化法

集中力のなさを証明するかのように、注意力散漫な自分をさらけ出し、それに甘んじてしまう傾向がある人は、暗示語を使って、間接的に効果をもたらすようにすればよい。たとえば、「記憶力がない」と思っている人は、 …

no image

本に落書きをしてイメージで記憶する

本を読んでいて、このページは使えるというところがあれば、ページの片すみに、どんなものでもいいですから、落書きする。たとえばある項の記述が気に入ったら、そのページの余白に自分の好きな異性の顔の落書きをし …

no image

わからないままでいいから解答見ながら問題を解く

ある女性はわずか1ヶ月足らずの勉強で、資格試験に合格に合格しました。周囲の人はもちろん驚きましたが、もっとも驚いたのは当の本人。すっかり自信がつき、それから一か月後に「ついでだから、もう一つ試験を申し …