雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

勉強法として教科書の暗記がおすすめな理由

投稿日:

記憶は「引き出し方」が重要である。ある先生が教科書の丸暗記法を始めたきっかけは、中学生の時に、学校の代表として英語のスピーチ・コンテストに出たことだった。草稿を最初から最後まで丸暗記しなければならなかった。その過程で、つぎのことを発見したという。

3単語は一つずつを無理して覚えなくとも、文章を暗記すれば自動的に覚えられる。ある箇所を思い出せば、あとは自動的に思い出せる。部分部分ではなく、全文を連続して覚えるほうが容易。高校生になってからは、意識的にこの方法で勉強した。

いまにして思えば、この方法は、人間の記憶メカニズムから見て合理的な方法である。人間はきわめて多くのことを記権できる。問題は、それらの大部分が検索できなくなることにある。つまり、蓄えてはいるけれども、引き出せなくなるのである。

丸暗記法を勧めている

あるとき、このような方法を行なっている者が他にもいないかと思い、友人に聞いてみた。クラスで一人、やはり意識してこの方法を実行しているのがいた。彼の英語の成績は、非常によかった。だから、これは、ひとりよがりの方法ではないと確信したのである。

浜田マキ子氏も、丸暗記法を勧めている。氏によると、浦和の進学校では、教科書暗記が必須だそうだ。重要なのは、検索対象にいたる道筋をつけることだ。まとまった文章なら、いったんきっかけが見つかると、それを手がかりに、いもづる式に記憶が出てくる。ひとまとまりの文脈を全部覚えていれば、どこかの部分を思い出すことで、あとは努力しなくても自動的に引き出せるのである。

単語帳ほど無意昧なものはない。単語帳で英単語を一所懸命記憶しようとしている学生を見かける。これを見ていると、気の毒になる。全く非効率的な勉強法だからだ。ましてや、辞書を最初から一語一語覚えて、覚えたページを食べたなどという苦学物語を聞くと、信じられない思いである。彼らは、個々の単語を独立に覚えようとしている。これは大変な努力を必要とする勉強法だ。しかも、極めて能率が悪いのである。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

外国語を勉強してマスターすれば退職後、外国に住むこともできる

英語の会議で臆せずに話したり、講演をしたりできるようになったのは、留学が終わって帰国し、学者になってからあとのことである。つまり三十代の後半になってからである、と語るある先生。 シュリーマンは、六十四 …

no image

子供の言語能力が伸びない原因にある親の三コト

京都のある先生は、ある調査をされていました。住宅地です。一位は、「ハヨ勉強シイ」、二位は、「ハヨ寝エ」、三位は、「忘レモンチイカ」です。いずれも、主語ぬきです。述語のない場合もかなりあります。このよう …

no image

歴史に興味を持つようにするにはどうすればいいのか

大昔の事件を歴史で学んでも、興味をそそられない。地名や人名、そして年代や王朝名を無理やり覚えなければならないのは、苦痛だ。勉強する対象に興味を持とう。ぼんやり講義を聞いたり、漫然と本を読んでいるだけで …

no image

高校生の時に聴きたい音楽とそれによる勉強へのよい効果

高校生の時に音楽を聴くと、頭がよくなるだけでなく、将来に残すタイムカプセルをつくることになる。高校生の感受性でないと聞けないものがある。高校生でなければ読めない文学作品があるのと同じことだ。シューベル …

no image

生涯学習時代と社会教育

日本の社会では、実際に必要なことは社会に出てから学ぶことが多い。その意味で、もともと「生涯学習」の社会であった。ただ、これまでの企業内教育は、その企業に特有の知識を教える面が強かった。今後は、企業の外 …