雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

英語の教科書を丸暗記することの高い効果

投稿日:

英語の「文中で空欄にしてある前置詞を埋めよ」という問題はありうる。これらを、単数、複数のどちらで書くべきか?そして冠詞をどうつけるか?このような問題は、かなり難しい。とくに、単・複と冠詞の選択は、かなり英語ができる人でも、迷うのではあるまいか。こうした問題は、丸暗記法の独壇場である。

教科書丸暗記法は、楽なだけではない。重要なのは、効果がすばらしいことだ。まず、単語を楽に覚えられる。例えば、spire=尖塔、という言葉がある。これは、spiresandtowersというつながりを覚えていれば、決して忘れないはずだ(仮に全文の暗記にあやふやなところがあったとしても、このつながりはすぐに覚えるだろう)。また、tributestriveなどのあまり易しくない単語も、全文を覚えていれば確実に覚えられる。

試験も簡単だ。期末試験で、前記の文章の和訳問題がでたとしよう。やや難しい文章も、前にある文章との関係から、「他人に見させようと努力するだろう」という意味であるとわかる。このように、文章の意味は、前後の文脈から判断できるのである。

たちどころにかつこのうえなく正確にできる

たちどころに、かつ、このうえなく正確にできる。それはあたり前で、答えそのものを覚えているからだ。教科書を対象にした学期末試験なら、ほとんどすべての問題に正解が書けるはずだ。英作文も、簡単である。覚えている文章を基本にして、単語を適宜入れ換えればよい。

例えば、「彼が日本を賛美したとき、彼は風景の美しさを指していった」という問題なら、文中のadmirerefertoを用いて、簡単にできるだろう。「時制の一致」(日本人にはどうしてもなじめない規則だ)も確実に覚えられる。

以上のように、「丸暗記法」は、単語、長文の読解、言葉の使い方、文法などを、すべて一括処理してしまう、きわめて強力な方法だ。教科書を丸暗記すれば、英語の成績はめだってあがる。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

よく遊ぶ子は賢くなる

よく遊んだ子は、ゆたかな発想と、すぐれた創造の力の源を蓄積していきます。おもしろく遊ぶためには、小さい子や弱い子には、わざと負けてやることも忘れてはならないことです。でないと、小さな子は遊びから離脱し …

no image

願望が叶わないのは良いイメージがないから

結果を先どりするには、その気になること、気軽さが必要です。もちろん、裏の願望は捨ててください。イメージトレーニングをすることリラクゼーションをしている中で、自分の願望がかなったイメージを描くのがもっと …

no image

自分でつくる問題集で勉強する

問題の数は、五問から一問が適当だと思います。問題をつくる暇があるなら、市販の問題集をやったほうが効率がよいと考える人がいるかもしれません。しかし、基本的なことはもう押さえたと見切れた場合は、むしろ、自 …

no image

漢字を書き表すための支えとしての三つの能力

漢字を書き表すための支えとしての三つの能力は、活字文化に親しむことと、指先の巧級性を高める作業を通じて、その発達が実際上、促進されます。漢字を習得する上で、ぜひとも欠けてはならない能力。分析と総合とい …

no image

雑念を取り払うとっておきの方法

たとえば「プラス思考が大切」と言われ、マイナス思考であった自分を反省して、プラス思考をしようとします。ここまではいいのです。しかし、このあと、「プラス思考にしなければならない」とか「あ、またマイナスに …