雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

楽しいこと興味のあることを勉強しよう

投稿日:

楽しいこと、興味のあることを勉強しよう。知識が増えれば、興味も深まる。全体から理解せよ。部分の積み上げで理解するのでなく、ます全体を把握する。それに基づいて、「鳥の目」で各部分を位置づけよう。

学歴社会は、あらゆる人に平等に機会が開かれているという意味で、望ましい社会である。受験体制には多くの問題がある。また、本来必要なのは学習成果であって、単なる学歴ではないことも、もちろんである。とくに大学生諸君は、勉学の機会が得られたことを感謝すべきである。せっかく大学に入学したにもかかわらず、数カ月すると勉学意欲を失っている学生が多く見られる。大学の外には、能力があっても来られなかった多くのひとびとがいることを想起しよう。

八割まではやり遂げよ。八割できたら先に進め。英語を勉強する必要性は、誰でも認めるだろう。入試に英語を課さない大学は、ほとんどない。しかも、配点も高い場合が多い。大学を受験しようとする限り、英語の勉強は不可欠だ。

ラジオ・テレビの英会話番組や英語学校での勉強など、われわれの生活の中で、英語の勉強はかなりのウエイトを占めている。ところが、これほど英語の勉強に熱心でありながら、日本人の英語力はかなり低い。勉強法に基本的な欠陥があるのではなかろうか。

社会に出てからも英語は必要

社会に出てからも、英語は必要だ。経済活動の国際化に伴って、ビジネスマンにとっての英語の必要性は、今後ますます強まる。こうした需要があるので、学校教育を修了したのちも、多くの人が英語の勉強を続けている。

学校での勉強法は、英語を分解し、日本語と関連付けて学習しようとする方法である。これが問題だ。学生時代を通じて、英語の勉強は少しも苦にならなかった、とある英語の先生は語る。方法は全く簡単で、教科書を最初から丸暗記したのである。このために特別の努力はいらない。

単語の意味をひととおり辞書で調べたのち、朗読する。その際、難しい文法のことは考えず、また暗記しようと特別の努力もしない。単語帳も作らない。ひたすら朗読するのである。これが、英語についての勉強法だ。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

勉強を妨げる誘惑に負けない方法

自然と集中力も増して、目標となる範囲の勉強をより早くマスターできることも多い。さらに勉強のあとに楽しみが待っていると思えば、いまの勉強もそんなにつらいものではなくなる。むしろワクワクした気分で勉強でき …

no image

テレビは抽象的思考を進める能力の発達にブレーキをかける

テレビづけは、書きことばの力の発達即ち概念を操作し、抽象的思考を進める能力の発達にブレーキをかけています。子どもの好むテレビのコマーシャルはこんなものです。「コレ、コータロー、親のいうこと、ねてきくも …

no image

挨拶英語ではなく討論用英語と関連ノウハウを習得しよう

話がとぎれてしまうと、他人に割り込まれる。thatをいえば、「いまは割り込むな」という意思表示になる。実際、数人のアメリカ人と議論するときには、とにかく話し続けることが重要だ。アメリカの学生生活で初め …

no image

イライラ解消にはクラシック音楽がおすすめ

ストレスには、都会の刺激やテレビの音声と似たところがあります。ストレスがありすぎると病気になります。しかし、ストレスがまったくないのも困りものです。地方であまりにのんびりしすぎるとイライラするのと同じ …

no image

アメリカ英語に慣れるとイギリス英語は聞き取りにくくなる

相手が英語を理解しなくても、英語でしゃべればよい。場合によっては、日本語でしゃべってもよいのである。数字だけ書いて示せばよい。しかし、レンタカーでドライブする場合に限っては、それとはレベルの違う会話能 …