雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

見栄を張ることも時には大事

投稿日:

小学生のとき、ソロバン塾に友人より遅れて入り、彼らを抜かして「上の級にあがる」ことだけが面白くて、熱中したことがある、と語るある人。高校時代を思い出しても、友人との間のミエは重要だった。ガリ勉は軽蔑された。しかし、成績がよければ、素直に尊敬された。

外国語の勉強で、誰かに「かっこいい」ところを見せたいというインセンティブがあれば、一所懸命勉強するだろう。ミエで小説を読んだり、大学レベルの数学や物理を勉強して、吹聴しあった。そのことは、結果的には、さまざまな新しい世界を私に見せてくれることになった。だから、環境はとても大切だ。

通信技術が発達し、パソコンに教育プログラムが送られてくるようになっても、自宅学習で学校を代替することは、決してできない。勉強の機会があることを感謝しよう。日本は、勉強すれば夢と現実の差を縮められる社会である。階級差が厳しい社会や発展途上国では、そうはゆかない。

学校の友人は近くて具体的な目標

学校の友人は、近くて具体的な目標だから有効なある。人間は遠い抽象的な目的には集中できない。近い将来の身近な集団のなかでの評価のほうが、はるかに重要である。入学試験でさえ遠い目的と思える場合がある。それより、明日のクラスで級友に「かっこいいところを見せるほうが大事な場合が多い。これこそが、学校という共通の場に集まる「スクーリング」の大きな意義だ。

「学歴社会」を批判する人が多い。しかし、職業が門閥や親のステイタスで決まってしまう社会のほうが、はるかに憎むべき社会だ。そこでは、「統治者は永久に統治者であり、兵士は永久に兵士であり、中略労働者は労働者に運命づけられている。教育こそが、そうした状態を打破できるのだ。

東アジアの街を歩いていると、就学期の子供たちが物乞いしているのが目につく。このなかには、高い潜在能力をもった子もいるはずだ。しかし、勉学の機会が与えられない以上、彼らが能力を生かすことは、ほとんど絶望的である。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

外国語を勉強してマスターすれば退職後、外国に住むこともできる

英語の会議で臆せずに話したり、講演をしたりできるようになったのは、留学が終わって帰国し、学者になってからあとのことである。つまり三十代の後半になってからである、と語るある先生。 シュリーマンは、六十四 …

no image

テレビの暴力シーンなどの子供に与える影響

来日する教養ある外国人は、「どうして親たちはデモを起こして、子どもには不向きな番組を追放しないのだ。こんな番組をフランスで放映すれば、即座にデモが組織されて、テレビ会社の社長は一晩でクビだのに。いった …

no image

成功するにはどうすればいいですか?

「なぜ、この成績なのか」「何が悪くて、何がよいのか」「何が得意なのか、何が不得意なのか」という現在位置が見えていないと、目標はおろか計画も立てられません。たとえば、仕事で英語力が必要な人がいます。英語 …

no image

論理文章の書き方のコツはまず内容を正確に伝えること

素晴らしい文章で読み手を感嘆させる前に、まず内容を正確に伝えることに専念しよう。そして、つぎには、内容で読み手を感嘆させることにしよう。名文は、そのあとである。文より先に論理文章を書く場合に最も重要な …

no image

本を読む子と読まない子との違い

低学力の子は、活字ぎらい、本ぎらいの子が圧倒的です。本を読めといわれることは、何よりも苦痛だと異口同音に訴えます。一刻もじっとしておれないほど、体は動き回りたいのです。それをこらえ、窮屈ないすに腰かけ …