雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

目標をもっていても漠然としたものでは駄目

投稿日:

受験生であれば、志望校を具体的に決めることが重要である。そして、憧れのキャンパスを歩いている自分の姿をイメージする。一般に、イメージを伴った目標は、非常に具体的なものだ。医師や弁護士になりたいのなら、有能な医師や弁護士として活躍している自分の姿をイメージする。外国語なら、英語を駆使してビジネスを進めている自分の姿を想像すればよいだろう。

目標をもっていても、漠然としたものでは、駄目である。ビジネスマンの場合も、「自己啓発」というだけでは長続きしない。受験生も、「勉強しなければ」と思うだけでは、しばらくはねじりはちまきで続いても、すぐに挫折するだろう。だから、目標は、具体的なものでなければならない。

「非常に強く望めば実現する」というのが、信念である。強く望めば、日常生活のさまざまな側面がそれにあうように変わる。そして実現できる。これはある種のマインドコントロールだ。マインドコントロールとか洗脳というと、恐ろしいものと考えられるかもしれない。

目標を具体的なイメージで描ける

目標を具体的なイメージで描けるかどうかは、その実現可能性を判断する基準でもある(これは、同語反復のように聞こえるかもしれないけれども、そうではない)。なお、意欲と興味は、似ているけれども別のものである。「ハングリー精神」「ガリ勉」「がんばり」などは、興味がなくて意欲だけが強い状態をさすのだろう。

勉強においては、合理的なものだ。「望めば実現する」というのは、不遜な発言と思われるかもしれない。しかし、どうがんばっても実現不可能なことは、「非常に強く望む」という状態にはならないはずだ。「目的を具体的に」といわれても、非現実的なものになってしまう。

意欲だけでなく、「楽しいこと」の必要性を強調している。意欲も興味も、どちらも必要である。目標は具体的なイメージでとらえよう。ミ工も重要。学校での勉強は、しばしば学友との競争で行なわれる。単なるミエで行なわれることもある。これはよいことだと思う。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

内言の思考について

丸写しという勉強は、子どもの内言の発達に役立ちます。言語には、三っの機能があります。伝達と思考と自己統御の三つの働きをもっています。 思考は、自分の頭の中で思いをめぐらせたり、考えをくみたてたりするこ …

no image

記憶力と睡眠の関係

記憶にかける時間を多くすればするほど、覚える量も多くなると思ってのことだろうが、なかなか思惑どおりにはいかない。長時間にわたってたくさんのことを記憶しょうとすると、頭の中には、覚えなければならない事項 …

no image

6時間30分睡眠ですっきり目覚めることができる

最近、明らかになってきた睡眠のメカニズムを知れば、「6時間半睡眠」で十分だ。人間の眠りには、眠りの深いノンレム睡眠と、眠りの浅いレム睡眠の2種類があり、これが1セットになって繰り返される。起きている間 …

no image

暗記したら寝るとよい

年をとると、物忘れが激しくなるといわれる。しかし、間隔を徐々にのばしつつ、繰り返して覚える。総動員すれば、十分にカバーすることができるだろう。 ある本は、つぎのように助言している。まず、最初の復習を十 …

no image

数字間の関係を体系的に把握しておけばよい

いくつかの基本的な数字さえ覚えておけば、あとはほぼ見当がつく。税収を例にとって、これを説明しよう。まず、基礎的な数字として、日本のGDP(国内総生産)は、五百兆円程度であることを覚えておく。ところで、 …