雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

八割勉強法-とりあえず先に進め

投稿日:

勉強では、全体を把握している必要がある。八割できたら、つぎの仕事にかかる。基礎を八割理解したら応用に進む。八割原則は、別の意味でも原則と関わっている。一般に、「基礎を理解してから一歩一歩進め」という。しかし、基礎を理解するとは、程度問題だ。

途中で別の仕事に移ると、中断してしまって能率が低下する。だから、八割までは中断せずにやりとげることが必要だ。これは、途中で止めてよいとか、食い散らしてよいといっているのではない。ただ、どこまでが八割かという問題がある。試験の場合には、検算やスマートな解法が「二割」に該当する。しかし、一般には、八割の判断は容易でない。「何が八割か」を知ることが、実は最も重要なのである。

数学の基礎概念は、かなり難しい。英語の正確な発音も、難しい。これらにこだわっていては、いつになっても進めない。八割理解したら、先に進む。あるいは、とにかく使ってみることが必要だ。「八割でやめよ」といっているのではない。「とりあえず先に進め」といっているのである。

基礎を完璧にしようとすると

基礎を完璧にしようとすると、いつになっても進めない。われわれは、日常言語を用いるとき、基礎をさほど厳密に知っているわけではない。意味をよく知らずに使っていることばは、多い。「付け焼刃」とは何を(何に)つけるのか?「目からうろこが落ちる」という場合の、「うろこ」とは?普通の人はこれらを正確に知らない。しかし、どのような場合に使えばよいかという「使い方」は知っている。

時間があれば、戻ってきて十割仕上げるべきだ。あるいは、十二割でも二十割でもやるべきだ。「とにかく先へ」というのは、時間がないからである。そして、高いところに登れば、二割が自然に理解できる場合が多いからである。「基礎的な」知識がなくとも、使うことはできるのである。基礎にいつまでも拘泥するな。先に進め。あるいは、使ってみよ、ということである。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

子供の頃からの習慣づけが大事

労働はつらく、しんどいものでもあります。課せられた労働を確実に遂行するその力は、一朝一夕にはできません。長期にわたる訓練がいる。労働をいとわずにとりくむよう、子どものころからの習慣づけが大事なのです。 …

no image

入学試験の目的は相対評価である

入学試験の目的は、相対評価である。つまり、受験生の間に差をっけることだ。あるに達しているかどうかを判別する絶対評価ではない。このため、つぎのようなことになる。まず、全員ができる問題では、選別ができない …

no image

アウトプットの練習を日頃からやっておこう

出力に弱くなる最大の原因は、アウトプットの「練習」を日頃からやっていないことです。練習さえ欠かさなければ、記憶のパイプが太くなり、本番でも日頃の勉強が十二分に発揮されます。多くの人は入力することにばか …

no image

好きになれない教師に出会ってしまったら

塾や予備校に対して、過大な期待があるのではなかろうか。効果を冷静に判断する必要がある。浪人生の場合、時間管理のため、また孤独を避けるために通うのはよいだろう。また、「教師の役割」を適切に果たしてくれる …

no image

脳細胞の死滅と再生

脳細胞は、筋肉同様、再生するのでしょうか。答えはイエスです。たとえば脳卒中などの脳疾患で無意識状態になっている人に対しても、理学療法士は体を動かすリハビリを始めます。体に刺激を与えることで、まだ生き残 …