雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

子どもに計算トレーニングをさせよう

投稿日:

子供にマラソン計算に挑戦させると、効果があります。二か月もやれば、一分そこそこでやり切れるまでになります。毎日、時間は計るのです。子どもが計って、それをグラフに記入させていくのです。一直線的には早くはなりませんが、少しずつ早くなっていくのがよくわかるはずです。

鉄は赤いうちに打て。中学年なら、日に五題、つまり五回やらせたらよい。やりかけの頃は小一時間はかかるでしょう。でも、それはしかたありません。いままでやらなかったのですから、遅いのは当然です。そのうちに、五題を完答するのに一五分もあれば軽くやり終えるようになります。

週に一度、マラソン計算に挑戦させると、著しい効果があります。欲ばらずに、三分とか、二分とか、一定の時間を定め、その制限時間内に、何百題やれるかに挑戦させるのです。小学校二年を担任した当時、最高記録は、かけ算の基礎計算即ち九九を、三分間に二四題やり上げたという子がいました。こういったマラソン計算をやりぬかせますと、計算速度はきわだって上昇します。

急に早くできるようになるということも分かります

ある日から、急に早くできるようになるということも分かります。五日ほど足し算は休んでいて、引き算をしていたのに、五日後に足し算をやると、計りまちがったのかと思うほど早くなっていたりするものです。のこぎり状にだんだんと基礎計算は早くなっていきます。焦らないこと、怠けないこと、毎日やること、力いっぱいとりくむことです。

しかも、集中力はめざましく発達します。持久力とか耐忍性も、うんとついてきます。他の授業の時の態度もすっかり変わってきます。目の輝きがちがってきます。しっかりしてきます。人格面でも陶治されるわけです。三つの基礎計算が、どれも一題二分で完答できるようになれば、もう、子どもは自信をもつようになっています。やればできるのだという自らの能力に対する信頼を抱くようになります。それがなかったため、従来は勉強を敬遠していたのです。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

勉強を我慢してやらず楽しんでやる

好奇心が満たされるとき、誰でも楽しいと思う。理解が深まると、喜びを感じる。それまで別々にとらえていたものが統一法則で理解できると、誰でも快感を覚える。これは、人間の本性である。これらを満たしてくれるの …

no image

書く勉強の高い効果

書く仕事というものは、習った教材をいま一度想起し、それをノートの上に再現し、記憶した通りに視覚化していきます。手と目の協応作業のくり返しによって、大脳に確実に記銘されていきます。この仕事は、そんなに気 …

no image

教科書を丸写しする勉強による効果は大きい

聴写・視写をたえずつづけることによって、字や文が正しく、早く、美しくと、三拍子揃って書けるようになってきます。落ちこぼれと言われていた頃には、遅く、汚く、まちがいだらけだったのです。毎日つめてやったら …

no image

子供の生活リズムを狂わせない

このごろ、おなかが痛いという子は、すべてといってよいほど、便が腹にたまっている。三日も四日も、なかには一週間も排便していないという子がいます。「保健室へは行かなくてもよろしい。便所へ入って、三分ほどが …

no image

外国語を勉強してマスターすれば退職後、外国に住むこともできる

英語の会議で臆せずに話したり、講演をしたりできるようになったのは、留学が終わって帰国し、学者になってからあとのことである。つまり三十代の後半になってからである、と語るある先生。 シュリーマンは、六十四 …