雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

自分でやるべき課題を見つけてとりかかるようになると

投稿日:

子供が勉強をやる気なったら、「ぼく、漢字が弱いから、毎日二字ずつやるよ」とか、「計算が苦が手だから、うんとやる」など、自分でやるべき課題を見つけてとりかかるようになります。「何をやったらいいかな」と、考えあぐねているようなら、担任の先生に尋ねさせたらよい。

子供は親との一体感を求め、やさしく包んでもらいたいもの。勉強は二日ばかりつづいたら、夕食時の家族の話題にしたらよいのです。「お兄ちゃんはね、この頃、すごく勉強をやるようになってきたのよ」と、弟妹に披露してやるのです。「あなた、この子、どうやらやる気ができてきたわ」と、夫に弾んで話をしてやることも効果的です。

一か月もつづけたら、毎日一分ずつふやしているのですから、三分以上つづけて勉強できるまでになってきているのです。ちょうど一か月したら、お祝いをしてやればいいのです。夕食を少しはずんで、ごちそうを一つ二つそえてやるのです。

誕生日より、うんとめでたい日です。もっと意義ある日です。あれほどまでに勉強がいやで、やらなかった子、こんなにやれるようになったと、一家で喜んでやればよいのです。子どもは、きっとかみながらも、またあしたからもやっていくよと、自らに誓うことでしょう。

生後すぐからテレビづけにしておくと

生後すぐからテレビづけにしておくと、一般的には、情緒障害の子どもになる恐れがあります。オリンピックのあった翌年の一九六五年頃から、各地でそういった子どもが急増しています。テレビにはいい番組もたくさんあります。みていて、心がすがすがしくなるような物語や、涙の出るような感動的な場面もたくさんあります。

いながらにして時空を超えて、新しい知見を提供してくれます。科学、文化、芸術をリアルに示してくれます。悪い番組ばかりではありません。しかし、どんなにすぐれた画面ばかりであったとしても、テレビづけに陥っておれは、生理的・物理的な害を蒙ります。心理的・精神的にもマイナスの作用を受けます。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

四桁の数の計算は子どもにとっては次元のちがう世界でのできごと

お年玉には端数がありません。すべて一円単位です。稀に五円単位でもらうこともありましょうが、計算はいたって簡単です。わざわざ計算のしかたを習うまでのこともありません。引き算となると、これはもうめったに使 …

no image

基礎計算はたんに理解や習得の段階でとどめてはなりません

計算が頼りなくては、数学的思考力を高めるなど、望むべくもありません。往復計算足し算・引き算に熟達してくれば、かけ算・割り算です。任意の二桁の数をはじめに書き、2から順次かけていきます。9までかけてしま …

no image

反復の重要性

反復の重要性は、自宅の電話番号と車のナンバーを比較すればわかる。自宅の電話番号は、他人に伝えたり外から電話するなど反復する機会が多いので、覚える。住所も、書類に書くことが多いので、覚える。これに対して …

no image

本が子供に与える影響

本には、親や教師から深く聞けなかったことがらや、日常教えてもらえない知識がたくさんのせてあります。親の考えとは、その発想も論理もまったく異質の知見も書かれています。教師の語ってくれないさまざまな歴史や …

no image

複文構造の物の言い方をよく聞いて育った子

順接・逆接がいろいろと組み合わされた複文構造の物の言い方をよく聞いて育った子は、算数の文章題を解くことは、大してむずかしいことではありません。計算のしかたさえきちんとのみこんでおれば、ちっとも苦労せず …