雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

言語能力を鍛えるのに教師の力が主導的な役割を果たす

投稿日:

家のひとが方言中心の言語生活をしているという地域なり、そういった階層の子の言語能力を引き上げるには、何といっても教師の力が主導的な役割を果たします。ですから、教師までが、方言べったりの授業をしていてはならない。でないと、子どもたちは、共通語の使い方を会得するための生きたモデルや場面がなくなる。

全国的な学力調査で低位を占める県は、所得の低さが基盤としてありますが、その県以外の者には、なかなか通じない方言が日常生活の大部分をおおっているということと無縁ではないと思います。

物事を厳密に考えたり、深く思いをめぐらせるときは、かなりむずかしい抽象レべルの概念を操作して、知的生産を行います。方言にはないことばをうんと使います。教師が共通語を適切に子どもに提示してやることは、子どもの言語能力を増す上で大きな比重をもっているのです。子どもと親しむためと一人合点して、方言を多くすることは、マイナス面もあるのです。

子どもにはていねいに語りかける

言えることは、子どもにはていねいに語りかける、誠実に話していくということです。誠実に、ていねいに物を言うとなると、おのずと主語・述語・接続詞・助詞・助動詞を省略しなくなります。断定的ではなく、ふくみのある言い回しもするようになります。

誠実な語りかけ子どもの言語能力の発達は、就学前は主として親のことばづかいに規定されます。といっても、いつも主述語や接続詞はちゃんと使用しなければと思ったり、今度は抽象語で話しかけてみようとか、複文構造で語ろうなどと思案していたりなどしたら、それこそ何も話などできません。

押しつけ的な言い方でなく、相談をする、援助を求める、意向を打診するといった態度なりロ調になります。これは、子どもの積極性を引きだし、思考活動を促す働きともなるのです。しかも、誠実でていねいな話し方は、単文的な言い方ではなく、無意識のうちに、複文的な言い方になりますから、子どもの言語能力の向上にも資することになります。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

学校の英語教育と丸暗記法はかなり違う

丸暗記法は、学校の英語教育の方法とは、かなり違う。学校の授業を思い出してみよう。それは、つぎのようになされたはずだ。疑問形は、be動詞の場合にはVSCの順になることなどを習う。応用は、bookをpen …

no image

もっとユニークな人生もっと快適な生き方

ある子はマイコンに、ステレオに、ハムに、文学に、政治に、ディスコに、オートバイにと、熱中する場合がしばしばあります。あるいは受験そのものに疑問を覚えたり、エリートを志向することをきっぱり拒絶したりして …

no image

テレビ中毒の子供に勉強させようとしても決して本気になってくれない

テレビ中毒の子に、いくら勉強させようとしても、決して本気になってくれません。日に二時間見ている子は、軽い中毒であり、四時間見ている子は、重症のテレビ病患者です。家族全部がテレビ病にかかっておれば、気づ …

no image

子供に漢字の成り立ちなどを教えるとやる気になってくれる

漢字のなり立ちや、字そのものの持っている意味を分かりやすく教えてやりますと、いままで漢字に興味のなかった子どもでも、いろんな漢字の由来を尋ね始めます。好機到来です。機は逸してはなりません。 子どもに分 …

no image

勉強を妨げる誘惑に負けない方法

自然と集中力も増して、目標となる範囲の勉強をより早くマスターできることも多い。さらに勉強のあとに楽しみが待っていると思えば、いまの勉強もそんなにつらいものではなくなる。むしろワクワクした気分で勉強でき …