雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

知的能力、学力は生得的・遺伝的資質によって規定されない

投稿日:

ニューヨーク州立大学の社会衛生学部では、なぜ長子が高知能・高学力になっているのかについての見解を出しています。それは長子は親に期待され、多くの時間をともに過ごし、不断に知的刺激をあたえられて成長してきたからであると説明しています。

ニューヨーク州立大学の社会衛生学部が、四万人の児童について知能テストをしたところ、兄弟数に関係なく、長子が最も知能指数が高く、あとから生まれるほど低下していっているという結果になっていました。

日本でも、事情は共通していると思います。知的能力なり、学力は、決して生得的・遺伝的資質によって規定されるものではありません。おもに後天的・環境的な要因によって発達の水準が定まるのです。同じ両親から生まれても、長男の方が学力が高いというのは、決して遺伝のせいではないということを示しています。

幼いときから、目に見えない学力をゆたかに太らせていくことを心すれば、小学校へ入学してから、まず落ちこぼれといわれるようにはなりません。広く厚味のある先行体験を積ませていくということは、目に見えない学力の容量をうんと大きくしていくということ。

見劣りしない知的能力をもつようになる

二番目の子の方が活発で、バイタリティがある、たくましいというのも、遺伝が理由ではなく、まったく環境の故にです。ということは、次子でも、長子なみの配慮と接触を親がやっていけば、長子にくらべても、ちっとも見劣りしない知的能力をもつようになるということです。

多忙で時間のゆとりもあまりなく、経済的にもぎりぎりの生活をしている人びとが、わが子の目に見えない学力をどうやれば、ゆたかにしていけるのか、お金も時間もそんなに使わないで、子どもを賢く育てる方法はないものか。

成績のよいといわれる子どもは、そのほとんどが、子どもの成長発達や、学校での成功なり、課題の達成を、わがこと以上に喜んでくれる親によって育まれています。たまさか、不首尾なできであったり、とんだ失策をやらかしても、怒鳴りつけるのではなく、いたわりや、慰めのこもった激励を親は子にあたえます。いつも、子どもの気持ちがわかり、共感を示すことのできる親なのです。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

子供は大人の意のままにはなりません

子どもは機械やモーターではありません。おとなの意のままにはなりません。野球なら死に物狂いで練習する子なら、甲子園へ行くなり、プロ野球でなりわいをたてたらよい。囲碁なら食事も忘れて研究にふける子は、その …

no image

顔を用いる記憶方法

ある記憶術の本では、顔を用いる記憶法をつぎのように説明していた。まず、「頭でタバコを消す」「目に塩水が入る」「ラジオに噛み付いて口のなかでラジオが鳴っている」ところをそれぞれ想像せよという。 「頭でタ …

no image

電卓を使ってごく簡単に正答を出すのなどちっともおもしろくない

一般に、小学生で算数のできない子というのは、計算力が劣っている子です。しっかり計算練習をしている子で、算数のできが悪いという子は、めったにいません。計算の練習を始終くり返すことによって、思考速度が早ま …

no image

挨拶英語ではなく討論用英語と関連ノウハウを習得しよう

話がとぎれてしまうと、他人に割り込まれる。thatをいえば、「いまは割り込むな」という意思表示になる。実際、数人のアメリカ人と議論するときには、とにかく話し続けることが重要だ。アメリカの学生生活で初め …

no image

漢字を書き表すための支えとしての三つの能力

漢字を書き表すための支えとしての三つの能力は、活字文化に親しむことと、指先の巧級性を高める作業を通じて、その発達が実際上、促進されます。漢字を習得する上で、ぜひとも欠けてはならない能力。分析と総合とい …