雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

傘下の各中学校からトップレべルの子どもをよりぬいています

投稿日:

公立の著名な進学高校は、傘下の各中学校から、トップレべルの子どもをよりぬいています。そんな高校でも、国立大学に合格する生徒は三分の一を下回ります。そのつぎのランクの高校となると、学年で一位以内、クラスでトップでないと、どの国立大学へもむりです。ことは、それほどきびしい。

地方エリートは、ふつうその県の国立大学出身が占めます。これらの大学には、クラスで一人しか進学できないというのが、全国的な実績です。クラスでトップの成績を得るというのは、容易ではありません。遮二無二勉強をしないととれません。かなりつめてがんばっても、上位グループに入るといった程度です。その上、半数は一浪しないと入れません。

子どもたちを教育するのは、そのようなエリートを志向させるためでしょうか。たしかに国なり政府は、ハイタレントの養成と確保をめざして、中央・地方の大学に金を投じています。その卒業生は、官庁や大企業への就職が有利であり、収入も豊かになるでしょう。ではそのためにわが子を教育するのでしょうか。

どの親も子どもが不安定な生活をすることは忍びません

今日、東大生一人を教育し、卒業させるために四年間に国費をどれだけ掛けているでしょうか。東大へは、年額八億円を投じています。四年間で三、二億円です。学生は一万二人余りです。一人当たり平均二五万円も国税を回しているのです。他の国立大学は少しは下回りはしますが、事情は似ています。

どの親も子どもが不安定な生活をすることは忍びません。できれば、物質的にも恵まれた生活ができるようにと望んでいます。かつては、家の生業を継げば、大金持にこそはなりませんが、まず安定した生活をおくるにはこと欠きませんでした。いまは、技術なり、技能なりを身につけて、どこかに雇ってもらわないと、まずまずのくらしはなり立ちません。

自営業はなかなか困難です。生活していく上での専門的な能力は、いまでは、親や、親方からではなく、学校教育を通じてあたえられていっているのです。だからこそ、わが子を名の通った大学へ行かせたいと思っています。しかし、それは一種の備侍を期待するようなものです。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

計算が正しく早くできるようになるための練磨

計算が正しく早くできるようになるための練磨は、新たな学力を獲得するための資質や習性をより強めていく上でも実効があります。計算力を伸ばすことは、学力全体を引き上げる上で、牽引車としての機能を果たすもので …

no image

テープによる勉強が英語学習では効果的

テープで英語を勉強するのが、もっとも効率的。ニュースをタイマーを使って自動録音しておき、つぎの日にそれを電車で聴くとよいだろう。これを日課にすると、英語のニュースを聞くのが面白くなる。 日本では、サラ …

no image

一桁一回引きをやってみる

一桁一回引きは、大人でも五分以内にやりとげることは、ちょっとむずかしい。一個所でもまちがえば、最後の答えが0にならない。どこでまちがったのだろうと験算をやっていると、すぐ五分の制限時間は超過してしまい …

no image

マイナス思考の多い人は命の運び方もマイナス方向に傾きがち

心の中があいまいであれば、命の運び方もあいまいとなり、出会う現象もあいまいになっていきます。心の中に具体的なものをもっていれば、命の運び方も具体的となり、出会う現象も具体的な形となって現われる。 マイ …

no image

勉強する上での中心とは何でしょうか?

前に、小中学生の学力が落ちたというニュースが話題になりました。こまかい点はおぼえていませんが、たとえば、次のような問題に答えられたのが、わずか三割だったといいます。「昨年、全校生徒八〇〇人のうち図書館 …