雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

ピクニックの時の子供のおやつ

投稿日:

キャンプのときには、子どもには、おやつは食べたいときに食べさせてあげよう。退屈とか口が寂しいとか、理由はなんであっても、かんしゃくを起こされるよりはいい。朝食やおやつは簡単に取り出せるようにしておこう。がっちりパッキングをしてキャンプを出てから、ものの数分でまたザック内をかきまわすなんてことのないようにしたい。小さい子でもひとりで食べられるものなら、親がテントを片づけている間も静かにしていてくれる。

トレイルに出てちょっとしてから、お腹のすき具合を見てグラノラバーやドライアップルを出せば、子どももハッピーになる。本当に空腹なときは、もうすぐ食事だからと我慢させるのもマズイ。1日中窮屈なキャリアに揺られてストレスがたまっているのだから、食べ物ごときでストレスを追加するべきではない。ただし、これだと食事時にお腹がすいていないということも起こりうる。おやつの後には飲み物も必ず用意しておく。

喉の渇きは空腹より耐えがたい

喉の渇きは空腹より耐えがたい。体が脱水状態だと、イライラ、空腹、眠気などを催す。水を常備し、子ども優先で水分補給すること。これを怠ったがための軽度脱水症は日常茶飯事だ。十分な飲み物がないなら、おやつもやめたほうがいい(果汁たっぶりの果物は除く)。日程を早めに切り上げれば、日が暮れるまで子ども達もたっぶりそのへんを駆け回れて、夕食までには食欲も回復、というのがやりかただ。

取っ手と吸い口のついたカップをキャリアの背にぶらさげると、幼児の水分補給に大活躍する。ザックのチェストストラップにカップの取っ手を通して持ち歩いてもよい。夕食などで必要水分を回復できる大人はいいが、子どもの小さな体には1日中ひんばんに補給していかなければ追いつかない。年長の子ども達には普通のウォーターボトルより、スポーツタイプのものが人気のようだ。トップ部分を上下させて開閉できるものが手に入るが、必ずしも密閉性100%ではない。本番前にテストしておくこと。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山での行動食でのおすすめは何?

お昼の弁当といえば、昔は手作りのおにぎりかサンドイッチと相場が決まっていましたが、昨今ではコンビニのおにぎりが主流です。日帰りのハイキングなら、それで問題ありません。行動中、昼飯に相当する食事は行動食 …

no image

車の中で本を読むことでも子供を楽しませられる

親が少し努力すれば、退屈な車中が楽しい学びの場になる。子ども達は、新しいことを知りたくてウズウズしている。動物の習性を教え、無知や不安を払拭して、正しい知識と理解で満たしてあげよう。たとえばリスの巣は …

no image

雷の危険性と安全対策

雷の危険性と安全対策。 雷は、一般に雲と地表との最短距離を走る。雨宿りと称して木陰にいるのも危ない。というのは、木の表面を伝って落ちてきた雷から「側撃」という放電を受けることがあるからだ。壁のない木造 …

no image

子供とのハイキングは彼らにとって大事な経験

ある主婦の話。クリスが3歳のとき、ロブは初めて彼を一泊のキャンプに連れていった。体にザックが合っていないと息子は不満を訴えたが、ロブはくじけなかった。この山行は2人にとってよいことだと信じていた。今で …

no image

その日のために心の準備をしておきたい-ある家族のキャンプの話

ある家族のキャンプの話。ペンシルバニアからコロラドまでが1週間、あとは現地でラマを調達したり、オリエンテーリングの講習会に参加したりでもう1週間。あんな狭いところに計2週間も閉じ込められるのだ。もしこ …