雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

ピクニックにおすすめの年長の子ども用の食べ物

投稿日:

ピクニックでは、年長の子どもとティーンエイジャー6歳以上の子どもには大人と同じものを。これくらいの年なら自分で水筒から水を飲むことができるが、それでもときどきは促してあげる。年長の子ども用の食品は、全粒粉マフィンの野菜スティックポップコーン・自家製ジャーキー、カロリー補助食品ピーナツバター・パスタ類(夕食)ポロポロ崩れないパン低脂肪チーズ・ナッツ、クルマでの移動中は長時間のドライブには冷蔵不要の食品を袋に入れ、手が届くようにしておく(シリアル、ドライフルーッ、ナッッ、チョコ、パン、クッキー、ポップコーン、クラッカー、マフイン、果物など)。旅行前に、有機栽培のとうもろこしでポップコーンをつくり、ジップロックに小分けしておく。

子どもはそれぞれ自分の袋をあてがわれ、一気に食べてしまえば後はない。喉がカラカラになるまで待つべきではない。経験でこれを理解し、自発的に水分補給する子も中にはいるが、たいていは飲ませるのに苦労する。各自水筒を持って量をチェックできるようにしておくと、消費量が一目瞭然だ。ジッパーがついた小型のクーラーバッグも便利だ。

野菜スティックやチーズなど

野菜スティックやチーズ、果物、そして冷やしたボトルウォーターなどを持っていける。プラスチックの小さなお腕やスプーン、前かけ、ペーパータオル、ふきん、カップ等を袋に入れて、車中に備えておく。ヨーグルト、プリン、カッテージチーズなどはこぼしやすいので、大型クーラーボックスに入れておいて休憩時まで待とう。途中、氷を補給して魔法瓶の中の飲み物を冷たく保とう。

また予備の水を1kmほど車内に常備しておけば、食べ物で手がべタっいたり飲み物がなくなったときに便利だ。野菜や果物はポケットナイフで間に合うし、大きめの魔法瓶が一つあれば、夏のドライブでも活躍してくれる。クルマの中でじっと座っていると、運動不足で便秘になりやすい。これを予防するためにも、水分はたっぶりとる。子どもが喉が乾いたと言い出すまで放っておかず、どんどん与えること。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山での食事のエネルギーについて

・山での食事の意味を知るべし 街中なら動けなくなったらタクシーに乗れるし、いざとなったら救急車も来てくれます。しかし、山の中ではそうはいきません。人にとって食べ物はガソリンと同じ。ガス欠っていうじゃな …

no image

春の山では野草の花の訪れとともに人々は山へ向かいます

春の山は、雪が解けて、春の花が咲き始めると人は山へ向かう(ハイキングと登山)。自山連峰、北アルプス、妙高連峰、飯豊連峰など高い山山はまだ雪で覆われていますが、その前衛の山々では雪解けも始まり、雪が解け …

no image

山のトイレ、ゴミと自然保護の問題

・山のトイレ、ゴミと自然保護 人間は自分自身が楽しむため、心を癒すために山・自然を利用します。それがほどほどであればよかったのですが、度を越したために問題になってきました。ゴミのポイ捨てをやめたり、む …

no image

ウォーキングの靴選び-それぞれ特徴を知る

山に行く最初の条件は歩くこと(山に入る前にするべきこと)世の中あげて健康ブームです。手軽な健康法としてウォーキングは人気が高まっていま都会の団地では買い物は車に乗っていくのに、毎晩団地の中を歩きまわっ …

no image

日本勤労者山岳連盟などの山岳団体

日本には、山岳団体と呼ばれる団体があります。 ・日本勤労者山岳連盟 主として地域・職場・学校で作られている山岳クラブの団体加盟で構成され、各クラブは、その所在地によって、全国四七都道府県ごとに組織され …