雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

ピックアップコンテンツ-サイトの構造をつくる前に

投稿日:2015年1月19日 更新日:

~必要なコンテンツを洗い出す~

まずは必要とされるコンテンツは何かをピックアップしていきます。それをもとに予算やスケジュールも計算に入れつつ、今回のリニューアルに必要なコンテンツに絞っていくとよいでしょう。 ターゲット別のコミュニケーションプランに合わせて、どのようなコンテンツが必要なのかを洗い出します。すでにあるコンテンツで十分な場合もあれば、新たにコンテンツを拡充する必要性がある場合もあるでしょう。

マップとナビゲーションの作成

サイトの構造をつくる前に、正しく情報を分類し直す必要があります。その分類をもとにサイトマップを作成し、サイトの構造を可視化します。ターゲット別コミュニケーションプランをもとにサイトに掲載する情報を整理します。それをもとにサイト構造を示すサイトマップを作成し、ナビゲーションの設計を行います。

2つの要素、集めると訴求する(情報提示)、が強化のポイントです。自身のビジネスに合致した潜在ユーザーを集め、その二ーザーを満足させるコンテンツを用意すれば、確実にビジネスに結びつきます。集客とコンンテンツ訴求の2軸を強化すれば、ウェブサイトは強い営業ツールに生まれ変わることができるのです。

検索工ンジンを通して情報を探しているユーザーには、強い感情がともなっています。そこには、すぐに欲しいという感情や問題を解決したいという切実な願いなどが存在しています。彼らの二一ズに適したコンテンツを提示したり、彼らの問題に解決のヒントを与えることができれば、大きな信頼を得ることができるわけです。

ここでいうコンテンツというのは、事例集などのコンテンツ群だけを指しているわけではありません。訪問者が最初に目にする商品やサービスのキャッチコピーもコンテンツのひとつであり、消費者を説得するにはコピーワークも重要な要素のひとつであることを忘れてはいけません。これらは重要な要素ですのでよく覚えておきましょう。

インターネットで稼いでみたい方は、ポイントサイトを使った副業がおすすめ!現在私が一番お金を稼いでいるポイントサイト「げん玉(会員数500万人)」なら毎月5万円は稼げますよ!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

メルマガの作り方や内容などはどうすればいいのか?

メールマガジンの内容はどうすればいいでしょうか?たとえば、各国のミニカーの歴史や製造工程の変遷、ミニカーモデルのシリーズに関する知識などをテーマとした特集を組み、メールマガジンに反映させられれば、読者 …

no image

知覚心理イメージを決定づけるデザインの重要性

ユーザーは、何かのきっかけをもってあなたのウェブサイトに訪れます。検索エンジンで商品やサービスを求めて迎り着くユーザーもいれば、名刺交換をもとにどんな会社かを調べに来るユーザーもいるはずです。はじめて …

no image

Googleアナリティクスなどで流入キーワードをチェックする

・検索エンジンからの流入キーワードのバリエーション SEOを施すと、ページ内にある様々なキーワードの組み合わせにより、多くのワードが上位表示されます。そのため流入キーワードのバリエーションが大きく向上 …

no image

ネットショップ立ち上げ時に必要となるメニューなど

ネットショップに必要なコンテンツを以下に紹介します。 ・固定メニュー 他の部分のカラーとは変えて入れておくといいでしょう。固定メニューはWebページの縦・横両方に用意しておくのがベターです。ここで重視 …

no image

色々なwebマーケティング手法でプロモーションをしよう

中小ネットショップ事業者に必要なプロモーションには、どのようなマーケティング手法があるのかを見ていきましょう。 まずは、インターネット広告の活用を考えましょう。インターネット広告と一言でいってもさまざ …