雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ペットシッターのサービスは経験も知識も不要

投稿日:

・経験も知識も不要のペットシッター

当初はペット好きの専業主婦などが、自分の経験と知識を頼りに副業的にやっていた。飼い主が所用で長時間不在になるとき、ペットが墓らし慣れたその自宅に赴き、飼い主の代わりに世話をするペットシッターというサービスは、日本では一九九〇年頃に生まれたと見られています。それが珍しい仕事ということでマスコミに報道されたり、サービスを利用して満足したペット飼育者のクチコミなどで広がり、このサービスが普及しました。業態が確立したことにより、専業としてこのサービスに進出するケースも急増しました。

ペットシッターの開業には特定の営業許可や資格は不要なのでオフィスワーカーからの転進、夫婦での開業、ペットショップの兼業など、その進出形態はさまざまです。九二、三年頃から、ペットショップ大手が事業多角化の一環としてこのサービスに次々と進出し、認知度が高まり、ペットシッターという業態が確立したものと見られています。近年の進出形態として顕著な動きを見せているのがペットシッターFC(フランチャイズ)加盟による開業です。

ペット飼育の経験や知識がなくてFC本部が研修してくれます。これが魅力となり、ペットと関わる仕事での独立を考えていたオフイスワーカー転進者による開業が続出しており、今後はFC加盟開業が主流になる見込みです。加盟料は五〇~六〇万円台が相場といわれています。

自然に囲まれた専用霊園

寺院のなかには戦前からペット霊園を設けている例があります。仏教の影響を強く受けた日本では、死亡した家畜を手厚く用う習慣が古くからありました。この習慣を引き継ぎ、事業化したのがベット葬儀といえます。ペット葬儀ビジネスの歴史はかなり古いようです。

当初は既存の葬儀社や宗教法人が手がけていましたが、ペット葬儀をしたい飼い主の増加に対応する形で専業が増加しました。さらに近年は、専業大手のなかでペット葬儀FCを展開している会社もあります。ペット葬儀が普及したのは、やはりペットブームを背景とした一九八〇年頃からです。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の制御不可能な状況に対する反応を測るテスト

社会的優位度テストで、犬の制御不可能な状況に対する反応を測るものがある。このテストでは、犬は自分ではまったくコントロール不可能な状況に置かれることになる。このテストでは、犬を持ちあげる(子犬のほうが良 …

no image

犬の経験値が脳の機能と構造におよぼす影響

人の食べ残しで育てられる犬は多い。成犬ならそれでも充分生きてゆけるだろう(最高の健康体は期待できないかもしれないが)。しかし、子犬にはおそらく充分とはいえまい。栄養素が脳の機能に影響を与えることはすぐ …

no image

犬は人間の言葉がわかるのか

心理学者、犬の訓練士、犬の訓練競技会の参加者として、次のような基本的問題について多くの質問や意見を耳にした、というある人。 ・犬には人間の言葉が理解できるのだろうか。 ・犬の種類によって、知能程度と呼 …

no image

獣猟犬の犬種に与えられた最も重要な仕事

視覚獣猟犬に与えられた最も重要な仕事は、増えすぎたオオカミの駆逐であった。たとえばロシァではオオカミ狩りが武装した猟師たちによって開始された。彼らは毛色も体格も背の高さも完璧に揃った三頭のボルゾイを連 …

no image

犬のテリアが実際に体験した苦難の旅は映画化していない

動物物語好きにとっては残念きわまりないことに、どの映画会社も、いまのところ、へクターという名のテリアが実際に体験した苦難の旅は映画化していない。ウォルト・ディズニー・プロダクションが製作した名作映画『 …