雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ペットフードの消費量の農林水産省の統計

投稿日:

ペットフードの消費量の農林水産省の統計。
ペットフードは、どのぐらい消費されているのでしょうか。農林水産省の統計によれば、二〇〇三年度のペットフード流通量は約七九万トンで対前年度比〇・一二%増、出荷総額は約二四三五億円で対前年度比〇・五%増となっていました。五年前と比較すると約一〇%の伸びを示しており、このデータからも、ペット飼育世帯の増加とペットフード利用率の上昇ぶりがうかがえます。キャットフードは二人以上世帯で八六・九%、単身世帯で七一・二%に達しています。

ペットフード工業会の第一回犬猫飼育率全国調査によれば、ドッグフードの利用率は二人以上世帯で八五・一%、単身世帯で七八・八%に達しています。犬は残飯、猫は猫まんま(軽節かけ飯)がかつての犬、猫の餌でした。つまり、飢餓を満たし、活動に必要なカロリーを摂取させればよいというのが、犬、猫の餌に対する長い間の常識でした。ペットに対する家族意識の高まりに連れ、この常識は廃れ、人間と同じく健康に配慮した餌を与えたいとの飼育者ニーズが強まってきました。

餌で留意していること

餌で留意していることでは、原材料が安心できる、体調、年齢に合わせた、高齢化や生活習慣病に対応した、無添加、無着色材料を使ったが犬、猫、世帯別を問わず上位を占めます。こうした健康食ニーズへの対応が、ペットフードの消費拡大要因になっています。猫の場合、二人以上世帯では栄養バランス、手間が省ける、健康がベスト三に、単身世帯では栄養バランス、猫が好む、手間が省けるがベスト三になっています。

犬の場合、二人以上世帯では栄養バランスがよい、健康によい、体調・年齢に合わせられるがベスト三に、単身世帯では栄養バランス、健康、手間が省けるがベスト三になっています。流通量の内訳では国産品が四一・九%、輸入品が五七・一%となっています。ペット別流通量内訳では犬用が六〇・一%、猫用が三三・四%、その他が六・五%となっており、ペットフードの大半は犬と猫用に消費されています。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

知能の低い犬のほうが同じ状況下でもストレスを感じることが少ない

知能の低い犬のほうが、同じ状況下でもストレスを感じることが少ないという実例を目にした、ある専門家がいた。担当している服従訓練の初級クラスで、ある母親とその十代の息子がっがいのブルドッグを訓練していた。 …

no image

犬の歯についた食べ力スは歯石や口臭の原因になる

歯についた食べ力スは、歯石や口臭の原因になり、歯周炎などをおこすこともある。子ども用のやわらかい歯ブラシか指先に巻いたガーゼでみがく。歯みがさ粉は不要。歯石はつめ先でこすり取る。がんこな歯石はスケーラ …

no image

ハムスターを飼う際の色々な注意事項

・快適な共同生活のために、ニオイ問題を解消 ニオイのもとは、ドワハムのおしっこです。このおしっこのニオイを絶つには、一にも二にも清掃あるのみ。ドワハムは清潔好きな動物で、本当はほとんど体の二オイはあり …

no image

ペットショップの従業員などの業界の実態

ペットショップの従業員数などの業界の実態はどうなのでしょうか。ペットショップの八九・八%が単独店で、支店展開は一〇・二%しかありません。ペットショップの経営実態を少し掘り下げてみると、経営者以外の従業 …

no image

犬に話しかけることで起こる一定の行動と結びつく効果

犬の生活と密接した行動に移る場合、大事なことは話しかけることである。犬に餌を与えるときは、食事ごはん食べたい?ごちそうべランダで食べようなど言葉はなんでもかまわない。肝心なのは、ひとつの言葉を選んだら …